適度に辛い Pascoのピリ辛まぜそば風ドーナツを食べてみた

mazesoba_donuts_201701

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  5. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  6. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. ひとりカラオケからセルフサービスカラオケへ 全てセルフサービスのカラオケ店登場
  9. 大手携帯キャリア(docomo/au/SoftBank)のデータ容量くりこし仕様について比較してみた
  10. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
この記事の読了時間: 22

ごきげんよう

今回は、適度に辛い Pascoのピリ辛まぜそば風ドーナツを食べてみました。

1. ピリ辛まぜそば風ドーナツとは

Pascoが発売したまぜそば風でピリ辛でかつドーナツな商品です。
何を言っているのか自分でもわからなくなりますが、そういうことです。
ピリ辛の豆板醤ソースで味付けした麺とマヨネーズを混ぜたものを包んだドーナツだそう。
調理パンなのか調理ドーナツなのか。気になるものです。

2. 実際に食べてみた

mazesoba_donuts_201701

見た目から既に、ピリ辛、まぜそば、ドーナツ。そして新発売と情報量の多いパッケージです。
何をどう脳内処理すれば良いのかわかりません。

mazesoba_donuts_201702

見た目、カレーパンぽいですね。ドーナツに見えません。
ドーナツって言わなければ今度はカレーパンって言いそうですが。
一口食べると感じるスパイシー感。文章だけにすると最初の印象はちょっとカレーパンっぽいですが、お味は別方向の辛さです。

食べ進めるほど口に広がる辛さ。これが豆板醤ソースの辛さですね。
なんだろう、食べながら思う麺の存在意義。
まぜぞばといえばそうだけどまぜぞば感は薄い。まるで焼きそばパン。
しかも焼きそばパンといえば挟んであるタイプだと思いますが、今回はまぜまぜしているので包んでいて食感は異なる。
つまり、どうすれば良いか扱いに困る商品。
ただし、マヨネーズは良いアクセントである。

野菜もなく、味も辛い、濃いの罪深い味に仕上がってます。

原材料名は、まぜぞばフィリング(麺、しょうゆ、植物性たんぱく、豆板醤、オイスターエキス、醸造酢、植物油脂、砂糖、さば節粉末、ビーフエキス、香辛料、フライドガーリック、ポークブイヨン、ガーリックペースト)、小麦粉、ショートニング、マヨネーズ、パン粉、卵、砂糖など。

なんというか「まぜぞばフィリング」に全ての力を使ったかのような原材料名構成。
意外とガーリック入ってます。

ポロポロと衣が落ちるので後始末に気をつけましょう。

飲み物が必要になりますね。

3. 最後に

今回は、適度に辛い Pascoのピリ辛まぜそば風ドーナツを食べてみました。
まぜそばをドーナツで包んでしまったという点は面白いですが、麺の食感は楽しめません。
飲み物必須の調理パン。

それでは ごきげんよう

source:
Pasco

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>