スタンプの多さがLINEとなる スタンプ制作アプリ「LINE Creators Studio」

By: Álvaro Ibáñez

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  5. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  6. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  7. 大手携帯キャリア(docomo/au/SoftBank)のデータ容量くりこし仕様について比較してみた
  8. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  9. 大阪新世界の寅勝で串かつ食べ放題をしてみた
  10. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
この記事の読了時間: 210

ごきげんよう

皆さんはLINEを使っているでしょうか。
今や日本国内で知らない人は居ないというような無料メッセージアプリですね。
メッセージ、音声メッセージ、無料通話、無料ビデオ通話と機能がありますが、イラスト、写真を用いたスタンプという機能により会話に彩りを添えます。
文字だけの味気ないコミュニケーションがスタンプだけの会話だったり、見た目が良くなる点は顔文字、絵文字の進化系と言えるでしょう。

これらスタンプはLINEユーザーが独自に作成し、販売・公開できるようになっていて、「LINE Creators Market」というものが既にあります。
コインでいうと50ぐらいから購入できて色々な種類があります。
大量にあるので面白そうなものを探したり、知り合いが作っているスタンプを買ったりしたことがあるかもしれませんね。
あまりにもスタンプが大量なので、自分が求めるスタンプがどんどん埋もれてしまう可能性もあります。

By: Álvaro Ibáñez
By: Álvaro Ibáñez

そんな中、LINE株式会社がスマートフォンのみでLINEスタンプの制作・申請・販売ができる専用アプリ「LINE Creators Studio」を公開しています。
iPhone・Android対応でまずは日本国内限定。

これにて更に大量のスタンプが「LINE Creators Market」に流入することになりました。
これの何が凄いって、手軽にスタンプが作れてしまうので家族、友達同士で作って送りあえるってことなんですよね。
作って審査さえ通ればグループ専用スタンプが出来るってことです。
あんまり売れなかったとしてもデータ量としては少ないですし、手数料は貰えるのでLINE側としては良いのでしょう。

ニュースで書かれている「“わたしたち専用”のスタンプ」という言葉がそのまんま今回の目的ですね。
スタンプを作って売ってというインフラというかLINEの強みが更に強化されていくように感じます。

それでは ごきげんよう

source:
“わたしたち専用”のLINEスタンプをつくれるスタンプ制作販売アプリ「LINE Creators Studio」を公開 | LINE Corporation | ニュース

LINE Creators Studio – スマホで簡単!LINEスタンプができる

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>