ホイップとつぶあんのハーモニー 山崎製パンのふわふわあげぱんを食べてみた

yamazaki_hufahufaagepan_201701

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  5. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  6. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. ひとりカラオケからセルフサービスカラオケへ 全てセルフサービスのカラオケ店登場
  9. 大手携帯キャリア(docomo/au/SoftBank)のデータ容量くりこし仕様について比較してみた
  10. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
この記事の読了時間: 138

ごきげんよう

今回は、ホイップとつぶあんのハーモニー 山崎製パンのふわふわあげぱんを食べてみました。

1. ふわふわあげぱんとは

山崎製パンより発売したドーナツ生地のパンです。
名前から想像がつきませんが名称はドーナツです。

北海道産小豆を用いたつぶあんと、同じく北海道産の生クリームを使用したホイップクリームを合わせたものになります。
非常に北海道産推しとなっていますね。
持つと重量感があります。

2. 実際に食べてみた

yamazaki_hufahufaagepan_201701

開封するとあげぱんのような香り。名称がドーナツで揚げてるからですね。

さて、食べてみますと、ドーナツ生地とともにつぶあんの食感の中に現れる生クリーム感。
つぶあんと生クリームは反発することなく上手く合わさっており、ドーナツ生地が上手く間を取り持っている感じ。

夏にはちょっとつらい濃いめ菓子です。重量級。
重量があるため食べごたえがあります、子どものおやつには十分な大きさ。いや、半分ぐらいでギブアップも想定されます。

原材料名は、ミックス粉(小麦粉、砂糖、ショートニング、ぶどう糖、脱脂粉乳、大豆粉、食塩)、つぶあん、ショートニング、生クリーム入りミルククリーム、粉糖、マーガリン、卵、パン酵母など。

ダブルショートニング!
なんか技みたいですが、違います。ただのショートニングです。

飲み物も用意せずに食べるにはちょっと困るもの。
牛乳と一緒に食べたい菓子パンですね。
親子で食べるなら包丁で半分に切って食べても良さそうです。

3. 最後に

今回は、ホイップとつぶあんのハーモニー 山崎製パンのふわふわあげぱんを食べてみました。
まさかの名称ドーナツという点には驚きですが、味も濃いめの重量級。
二人で半分にして食べるのが良さそうですよ。

それでは ごきげんよう

source:
山崎製パン オフィシャルサイト

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>