一部無料の訪日外国人旅行者向けプリペイドSIM「Japan Welcome SIM」

Japan

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  4. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  5. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  6. 使い続けてもうすぐ3年のGALAXY Note IIに対して思ったこと
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  9. 京都祇園にはちょっと変わったLAWSONがある ローソン 八坂神社前店
  10. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
この記事の読了時間: 39

ごきげんよう

東京、京都、大阪、沖縄と色々な所を訪れていると訪日外国人旅行者の多さに驚きます。
勿論、国をあげての動きもありますし、様々な周辺サービスも出来てきています。
そして、何より2020年の東京五輪もありますし、一気に整備されてきている気がします。

それは勿論通信関連も同様で、これまで自動販売機でWi-Fiが使えるとか各自治体がWi-Fiスポットを使えるようにしているとかありますよね。
また、「Japan Connected-free Wi-Fi」という手軽に国内複数のWi-Fiアクセスポイントへ簡単接続できるアプリがあります。
このぐらいまでカバーされていれば常にネットに接続しておく必要がなければ大丈夫ですが、近くに接続可能なWi-Fiアクセスポイントが無い場所に行く場合は旅行向けのSIMカードを借りるなり対応が必要ですよね。

Japan
FREETELの訪日外国人専用プリペイドSIMで更なる訪日外国人客を呼び込めるか
ごきげんよう 最近は訪日外国人が増えている気がします。 特に、沖縄に居ると、アジアからの観光客が多いなと感じます。 テレビ番組の特集でもあった「爆買い」という光景も見ました。 一方で、様々な自治体でフリー…

LTE通信のMVNOサービスを展開する事業者でも訪日外国人向けにサービスを提供していますが、それぞれ販売場所が限定していたり、色々です。

Japan

そんな中、株式会社NTTドコモが訪日外国人旅行者が日本滞在中に利用できるデータ通信専用プリペイドSIMサービス「Japan Welcome SIMTM」の提供を開始しています。
このサービスは訪日前に専用サイトで申し込んだ上で、訪日後に空港内の施設等にてSIMカードを受け取り、NTTドコモ回線を15日間利用できるもの。
APN設定が不要というナイス仕様になっており、手持ちのデバイスですぐ使えるようになっています。

料金プランは無料(広告動画等閲覧する必要あり)のプラン0(128Kbps通信)から有料のプラン1000(128Kbps通信無制限)とプラン1700(128Kbps通信無制限+高速通信500MB)の3つのプラン。
それぞれで広告動画を見たり、アンケート回答で高速データ通信量を無料チャージする場合と購入してチャージの方法があります。

このサービスにより、特に旅行会社とともに訪日外国人旅行者へ基本旅行プラン+データ通信といったまとめて提供可能になります。
また、それとは別に広告動画やアンケート回答という企業にとっては自社商品を宣伝する場所が出来上がります。
日本に来てもらうので日本の商品を紹介する動画になると思いますが、旅行プランと連携できれば現地商品の宣伝など上手く相乗効果が得られますね。

データ通信量のチャージに動画閲覧やアンケート回答で済むならとついつい旅行者はお金を払わずに済ましてしまうと思うので、ここに新たな広告媒体が出来たと考えるべきでしょう。
あと、訪日前に、自国で動画閲覧やアンケート回答しなきゃいけないようにとれますが、日本に来た後に動画広告を流せればかなり効果があると思います。
アプリレベルでの実装など壁はありそうですがその辺も考慮したほうが良さそうです。

それでは ごきげんよう

source:
報道発表資料 : 訪日外国人旅行者向けプリペイドSIMサービス「Japan Welcome SIM」を提供開始 | お知らせ | NTTドコモ

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>