あの人気ゲームもカウントフリーオプション対象 MVNOサービス「LinksMate」

Game

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  4. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  5. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  6. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  7. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  8. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  9. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  10. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
この記事の読了時間: 246

ごきげんよう

ゲームといったら最近は皆さん朝の電車内でスマホの画面を見ながらゲームをしていますね。
携帯ゲーム機を持って遊んでいるのは小中学生がメインだなと感じるようになりました。

スマホでゲームが出来る。これだけで既存のゲーム業界からお客を適度に奪いつつも新たな市場を作り出したように思います。
当初はブラウザゲームのようなものが流行り、ガチャと呼ばれるゲーム内システムへの課金が問題になりました。
射幸心を煽るその様は色々な所で話題になりましたね。

その後はスマホのスペック向上に伴って、「これはほんとにスマホゲームか?」といった綺麗なグラフィックのゲームアプリが幾つも登場しました。
ただ、これらのゲームはグラフィックに容量を使っているため最初のダウンロードだけでも100MBや1GBの容量。アップデートも同じくです。
スマホ本体の容量だけでなくデータ通信量も圧迫する状態です。
スマホゲーム好きな方々にとっては悩みの種ですね。

Game

そんな中、LogicLinksが新たにゲームやSNSの通信をカウントフリーにできるMVNOサービス「LinksMate」を提供開始しています。
カウントフリーオプションを使うことで特定のデータ通信量のカウントが90%以上OFFになるそうです。
スマホゲーマーがもっとも効果を発揮しますが、その他にFacebook、TwitterといったSNSを使う方やAbemaTVを外出先で見まくる方も使えるサービスになってます。
対象の通信が90%以上OFFという点があとあと影響を与えそうな気がしますが深入りはしないようにしておきます。

プランによるデータ通信量は5GB、10GB、20GB、30GBとデータ通信をいっぱいする人向けな感じですが、音声通話機能オプションも付けられますしカウントフリーオプションによって下記一覧のゲームやSNSなどが通信削減対象となるようで、

カウントフリーオプションについて | LinksMate(リンクスメイト) – ゲームプレイヤーのためのお得なSIM

例えばガールフレンド(仮)とか、グランブルーファンタジーとかみんゴルも対象のようです。
一部ゲームは連携すると特典が貰えるようで、ゲーマー尽くしな状態。

ゲーム連携・特典の詳細 | LinksMate(リンクスメイト) – ゲームプレイヤーのためのお得なSIM

ただ、通信量90%以上OFFというように適度なカウントフリーになるので注意。
場合によっては適度にカウントフリーの通信の対象が変わるかもしれません。

カウントフリーオプションのご利用は「カウントフリーオプションに関する注意事項・利用条件」に同意の上、お申し込みいただいた方のみご利用になれます。

という事なので、いつもの通り契約には注意事項をしっかり確認しましょう。

使い方によってはデータ通信専用SIMをタブレットあたりに入れてゲーム専用機にするってのもありなのでデータ通信SIMのゲーム専用という点で新しいかなと思います。

それでは ごきげんよう

source:
LinksMate(リンクスメイト) – ゲームプレイヤーのためのお得なSIM

株式会社LogicLinks

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>