Live Dwango Reader/LDR Pocketサービス終了にみるフィードリーダー(RSSリーダー)に求めるもの

By: Robert Scoble

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  3. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  4. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  5. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  6. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  7. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  8. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  9. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  10. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
この記事の読了時間: 428

ごきげんよう

皆さんは日々の情報をどうやって入手しているだろうか。テレビだろうかネットのヤフーニュースだろうか。
様々なニュースアプリだろうか。それとも、フィードリーダー(RSSリーダー)だろうか。

情報は様々な入手方法がある。最近はラジオをスマホで聴ける時代だ。
どこからどういった情報を手に入れるかは人それぞれだろう。

昔はサイトが更新されているか確認するために直接サイトへ見に行っていたが、サイトがRSSを配信することでフィードリーダー(RSSリーダー)が更新情報をまとめてくれた。
この状況はGoogle リーダーのサービス終了がありながらも続いた。
数年前からニュースアプリが登場し、人それぞれが好きなニュースジャンルをパーソナライズして表示することに重きを置いた。
ニュースアプリが大きく取り上げられる中、Live Dwango Reader(旧 livedoor Reader)など複数のフィードリーダー(RSSリーダー)はその道を突き進んでいた。

By: Robert Scoble
By: Robert Scoble

そんな中、「Live Dwango Reader」「LDR Pocket」が2017年8月31日をもってサービス終了すると発表している。

By: Robert Scoble
LDR Pocketでドワンゴが目指す国産スタンドアローンRSSリーダー
ごきげんよう 皆さんはニュースを見るときは何を使っているでしょうか。 グノシー、スマートニュース、マイタイムラインなど色々ありますね。 しかし、誰かにニュースを選んで配信してもらうことに飽きてきた人たちも中…

「LDR Pocket」については本ブログでもボタンを配置し、利用できるようにしてきた。
ただし、手軽さはニュースアプリのほうが勝ったのか今回サービス終了となっている。
フィードリーダー(RSSリーダー)を常に使っている私としては非常に残念だ。

フィードリストのバックアップ/エクスポートの方法と代替サービスが紹介されている。

■RSSフィードリーダーのご紹介
・Inoreader(https://www.inoreader.com/)
・AOL Reader(http://reader.aol.co.jp/)
・Feed Watcher(http://feedwatcher.net/)
・Feedly(https://feedly.com/)

私もFeedlyを長年使っていて、ブラウザやその他アプリとの連携が素晴らしく、ニュースアプリに比べると明らかに時間対情報量は多い。
ニュースアプリやそれに紐づくメッセージアプリ等は全て自分たちのアプリで完結させようと躍起になっている。
アプリからの離脱率を下げて回遊率を上げているのだろう。

対してフィードリーダー(RSSリーダー)は、そもそもサイトの更新情報を取得してまとめることが目的である。
オフラインで記事が読めるようキャッシュしてリーダー内で記事を見られるようにするアプリもあるが、基本的にはブラウザと連携している。

君たちはフィードリーダー(RSSリーダー)の真価をまだ知らない

フィードリーダー(RSSリーダー)に求めるもの。それは自分の選んだ情報源の中でも気になるニュース・記事を大量かつ短時間で確認できることだ
誰かが作ったアルゴリズムで選ばれた少数の記事を見るぐらいなら自分で記事選択アルゴリズムを組むか、大量の記事を短時間で見られるようにしたほうが良い。
確かに多くの人が見た記事は重要だと判定されるだろう。それは知っておいたほうが良いかもしれない。
だが、そんなものばかり見ていて世の中を知った気になっていて良いのだろうか。

フィードリーダー(RSSリーダー)なら意図的に悪意のある記事を流すサイトは購読をやめてしまえばそれまでだ。別の新しいサイトを購読すれば良い。
だが、ニュースアプリ自体がそれを容認していたらどうだろう。記事と記事の間に広告を挟むように利益になればやるだろう。
考えればキリがないし、そんなことをしたらすぐにバレるという事も考えられる。
ニュースサイトもそれぞれ主張は異なる。
つまり、選ぶのは自分だ。それだけは覚えておこう。

今回は、Live Dwango Reader/LDR Pocketサービス終了からフィードリーダー(RSSリーダー)に求めるものを考えてみた。
1つのサービスが終わるというのがこんなにも寂しいものかと思った。
サービスは終わり、新たなサービスが生まれていくのだろう。

それでもフィードリーダー(RSSリーダー)が消えてなくならないのはそこに価値があるから

それでは ごきげんよう

source:
【重要】Live Dwango Reader/LDR Pocketサービス終了のお知らせ|LDR / LDRポケット 開発日誌

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>