きのこに扮した「たけのこの里」は確かに居た 「現れるのか?!大粒幸せきのこの山」を食べてみた

happy-kinoko_secret_201701

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  3. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  4. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  5. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  6. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  7. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  8. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  9. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  10. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
この記事の読了時間: 217

ごきげんよう

今回は、たけのこの里から来たきのこを探しに「現れるのか?!大粒幸せきのこの山」を食べてみました。

1. 「現れるのか?!大粒幸せきのこの山」とは

株式会社 明治が8月11日「きのこの山の日」に合わせた特別企画として発売した商品です。

通常の「きのこの山」よりもカサの“しわ”が多い、幸せきのこ入りです。大粒サイズで、「きのこの山」のユニークな形と味わいをお楽しみいただけます。きのこに扮した「たけのこの里」が入っているかも!?

しわの多いきのこの山が楽しめます。そもそも大粒サイズで大きめです。
幸せを感じましょう。
そして今回は、きのこに扮した「たけのこの里」が居ます。
シークレットキャラ的な存在です。

あるかなとたまたま買ってみたらきのこに扮した「たけのこの里」がいらっしゃったので食べつつも残しておきます。

2. きのこに扮した「たけのこの里」はありました

happy-kinoko_secret_201701

さあ開けましょうの前にすでに開けちゃってます。はやる気持ちを抑えきれずにオープンしちゃっただけです。
今回は全て大粒サイズ。そして、3種のきのこ。

幸せきのこがいっぱい。入ってなくても次回幸ご期待らしい。
どこまでも幸せ感がある。

happy-kinoko_secret_201702

これは通常のきのこの山。
大粒だから存在感があるけど、ここではハズレキャラみたいな損な役回り。
お前が居るから「きのこの山」があるんだ。安心して欲しい。

happy-kinoko_secret_201703

そしてこちらが通常の「きのこの山」よりもカサの“しわ”が多い、幸せきのこというやつです。
確かにしわが多い。そもそもきのこに見えなくなっているのは気にしないでおこうそうしよう。

何故かこのしわの多い幸せきのこが今回一番多く入っていました。
次回幸ご期待しなくてよかった。

happy-kinoko_secret_201704

お前は、まさか。

「たけのこの里」から来たきのこです。
見つけました。もちての部分がほかより短くきのこ感を出してますがやっぱりたけのこです。

今回の割合でいうと
通常きのこ、幸せきのこ、きのこに扮した「たけのこの里」は1:5:1といったところでした。
思ったよりも幸せきのこが多い。なんて幸せなことでしょう。

3. 最後に

今回は、たけのこの里から来たきのこを探しに「現れるのか?!大粒幸せきのこの山」を食べてみました。
一発で「たけのこの里」から来たきのこを見ることが出来たのは幸せ。そして幸せきのこも多くて幸せ。
どのくらいの割合で入っているのか気になりますが、こうやって探しながら食べるのも良いですね。

それでは ごきげんよう

source:
プレスリリース|企業情報|株式会社 明治

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>