何処にも属さぬかけ放題プラン 「OCNでんわキャリアフリー 10分かけ放題」

IPhone,

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. イモトのWi-Fiとイモトのケータイ イモトさん大人気ですね
  3. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  4. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  5. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  6. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  8. チェリオのエナジードリンク ライフガードエックスを飲んでみた
  9. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  10. WordPressの独自ドメイン移行時にやったことをまとめておく
この記事の読了時間: 228

ごきげんよう

皆さん通話定額を使っているでしょうか。
大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)だと完全な通話定額や制限付き通話定額が提供されてます。
格安SIMや格安スマホと言われるMVNOも5分や10分かけ放題といった名前で通話定額を提供していますね。

ここで問題なのが、それぞれの通話定額プランはその事業者の音声通話プランを契約しないと使えないこと。
あくまでオプションとして通話定額は存在してますので、本体の音声通話を契約した人に提供ってのが基本です。
勿論、LINEでいいやとかSkypeでいいやといった方も居るでしょう。

ただ、どこかのキャリアに縛られたまま通話定額を使うべきなのか悩んでしまいますよね。

IPhone,

そんな中、NTTコミュニケーションズが携帯電話会社(キャリア)によらず10分以内の国内通話が月額1,000円でかけ放題になる「OCNでんわキャリアフリー 10分かけ放題」を提供開始すると発表しています。
開始は2017年9月1日より。

既に「OCN モバイル ONE」では「OCNでんわ 10分かけ放題オプション」として提供していますが、今回はキャリアフリー版です。
専用アプリ「OCNでんわ」を使う事でお得に使えます。

【ご利用可能なお客さま】

国内の携帯電話事業者※3と、携帯電話番号(070/080/090)を使った音声通話が可能なプランのご契約をされている方※4。
専用アプリ「OCNでんわ」は、AndroidまたはiOS対応のスマートフォンやタブレット端末でご利用いただけます。

※4: ワイモバイル株式会社が提供する「Y!mobile」を利用されている方のうち、イー・アクセス株式会社(現:ワイモバイル株式会社)が提供していた「イー・モバイル」で契約された際の携帯電話番号を継続して利用されている方は、本サービスをご利用いただくことができません。

一部の携帯電話番号だと使えないようですが、それ以外のau、NTTドコモ、ソフトバンクやMVNOの提供するものでも使えるようです。

これにてau、NTTドコモ、ソフトバンクが提供する制限付き音声定額(5分かけ放題)の倍の時間で音声定額が使えるようになりました。
これはかなりインパクトがありそうです。
なんたって、5分音声定額じゃ少ないなと思ってたユーザーが飛びつきそう。そして大手キャリアよりも安い。

ここから先はどうなることやら。音声定額の分数が増えるか、そろそろ電話番号変わらずに24時間かけ放題になるのか。
楽しみな所です。

それでは ごきげんよう

source:
ニュース 2017年8月24日:アプリを入れるだけで使える「OCNでんわキャリアフリー 10分かけ放題」の提供を開始 | NTT Com 企業情報 | NTTコミュニケーションズ 企業情報

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>