5分かけ放題は標準になっていくのか 楽天モバイルの「スーパーホーダイ」

Call

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  5. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  6. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  7. Firefox Quantum(Firefox 57)にしたらFireFTPが使えなくなったのでFTPクライアントを探してみた
  8. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  9. LG Watch Urbaneを買ってみたので使用感や注意点をまとめておく
  10. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
この記事の読了時間: 251

ごきげんよう

スマホライフ楽しんでますか。当ブログの読者はiPhoneユーザー多めらしいです。私はAndroid派ですけどね。

さて、現在大手キャリアもMVNOもサービスの強みを活かしてユーザーを取り込もうとしてます。
スマホ・携帯電話界隈を見渡してみれば音声通話定額は5分かけ放題、10分かけ放題、24時間かけ放題と色々です。
加えてデータ通信量も細かく設定されてます。
段階的に増加していくものから一定数(例えば5GBとか)のものまで。
因みに段階的に増加していくものは割高ですね。当たり前ですけど。

なんというかプランの複雑さは大手キャリアもMVNOもあまり変わらなくなってきたような気がします。

HUAWEI
楽天モバイルの「コミコミプラン」は複雑な料金プランを単純化するか
ごきげんよう MVNOの通話利用率が高めというのを以前どこかの記事で見ました。 大手キャリアを中心に電話し放題のプランがあるのに不思議というか気になるところです。 お年を召した方々を取り込みつつ成長した部分もあ…

そんな中で楽天モバイルでは通信、通話、端末料金を合わせた「コミコミプラン」というのがありました。
出来るだけ選ぶ内容を少なくする形ですね。人間は候補がありすぎると選べないらしいですから。
ただ、端末が限定されていたりと制限がありました。
どうにか制限無しには出来ないものでしょうかね。

Call

そんな中、楽天株式会社の「楽天モバイル」にて料金プラン「スーパーホーダイ」の受付を開始すると発表しています。
開始は9月1日から。

この「スーパーホーダイ」では5分かけ放題が回数無制限に加えて、低速通信時も通信速度最大1Mbpsという速度を出すことが可能になっています。
高速通信容量は2GBのプランS、6GBのプランM、14GBのプランLの3つです。

プランSだと月2,980円で、楽天会員だと1年目の料金が1,000円割引となるそうです。

合わせて、長期優待ボーナスという最低利用期間を予め決定することで期間により端末代割引が受けられます。
因みにSIM単体でも「楽天スーパーポイント」が付与されるようなので長く使うと決めていればお得ですね。
二年縛りのようなものになりますが、自ら最低利用期間を決定できる点は大手キャリアとは異なるかなと思います。
自分で決めたんだからきっちり約束を果たそうそうしよう。

本プラン登場により「コミコミプラン」は新規受付を終了。

プラン単純化とかけ放題によってライトな使い方をする方々にとっては「丁度よい」というのが得られるのかも知れません。
新しく契約となればこういった全部入りのほうが安心できそうです。
私もかけ放題を魅力だなと思っているので、5分から更に10分とか伸びだしたら更に魅力的になっていくでしょう。

それでは ごきげんよう

source:
楽天モバイル: 新料金プラン「スーパーホーダイ」9/1お申し込み受付開始

楽天株式会社:  楽天モバイル、新料金プラン「スーパーホーダイ」を提供開始 | ニュース

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>