楽天モバイルならメーカー認定整備済の「iPhone」が買えるってよ

IPhone

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  5. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  6. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  8. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  9. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  10. HDDレコーダー(DVR-1)のHDDを換装してみた時に揃えたもの
この記事の読了時間: 235

ごきげんよう

皆さんiPhone使ってますか。
日本では半数ぐらいがiPhoneユーザーでどこでもiPhoneを使っている姿を見ます。
iPhone 7からはSuicaが使えるようになりましたし日本仕様感が高まっていますね。

今や大手キャリア全てでiPhoneが買えますし、ロックがかかっていないSIMフリーのiPhoneも買えます。
大手キャリアのサブブランドやMVNOの企業によっては一年遅れぐらいのiPhoneを扱ってますね。
最新版のiPhoneじゃなくて良いって場合はこちらでも良いかもしれません。
それにしても最近6とか7とかのiPhoneがMVNOで扱いましたというお話をなかなか聞かないのでそろそろどこか動かないかなと感じる所です。

IPhone

そんな中、楽天株式会社は「楽天モバイル」にて海外で販売されているメーカー認定整備品「iPhone」の取り扱いを開始しています。

取り扱うのは「iPhone SE 16GB(ゴールド)」、「iPhone 6s 16GB(ゴールド)」、「iPhone 6s Plus 64GB(シルバー)」、「iPhone 6s Plus 128GB(シルバー)」の4種類でオンライン販売のみ。iPhone 6s Plusが容量多めです。
元は海外で販売されているものなので国内販売のiPhoneとは、インストールされているアプリや仕様が異なる場合があるとのこと。

ちょっと怖い気持ちになりかねませんが、端末購入後30日以内であれば「Apple Online Store」や「Apple Store」にて、「AppleCare+」もしくは「AppleCare Protection Plan」に加入できるのでサポートは大丈夫です。
勿論、楽天モバイルのSIMカードとのセット販売もしています。

Call
5分かけ放題は標準になっていくのか 楽天モバイルの「スーパーホーダイ」
ごきげんよう スマホライフ楽しんでますか。当ブログの読者はiPhoneユーザー多めらしいです。私はAndroid派ですけどね。 さて、現在大手キャリアもMVNOもサービスの強みを活かしてユーザーを取り込もうと…

また、このiPhoneと料金プラン「スーパーホーダイ」を組み合わせて「長期優待ボーナス」を活用することで年数によって割引が受けられます。
お高いiPhoneもこれで買いやすく。

次のiPhoneもそろそろなので、このタイミングで以前のiPhoneを出すことで興味を持ってもらいつつ料金プランとの相乗効果といった所でしょうか。
上手いですね。

それでは ごきげんよう

source:
楽天株式会社:  楽天モバイル、メーカー認定整備済「iPhone」を9月1日から取扱開始 | ニュース

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>