LINEモバイルが公開したデータからみるカウントフリーを含むユーザーの使い方

By: Álvaro Ibáñez

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  5. チェリオのエナジードリンク ライフガードエックスを飲んでみた
  6. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  9. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  10. 大手携帯キャリア(docomo/au/SoftBank)のデータ容量くりこし仕様について比較してみた
この記事の読了時間: 250

ごきげんよう

皆さん格安SIMや格安スマホと呼ばれるMVNOの通信サービスを使ってますか。
大手キャリアのサービスを使っている方はきょとんとするか「え、知らない」といったような反応ばかりですが、楽しいので調べてみると良いですよ。

脱線しそうなので話を戻しまして、今回はMVNOの通信サービスの中でもLINEモバイルです。
後発ながらもLINEの通信やその他SNSの通信をカウントフリー(高速データ通信量から除外)にする仕様で話題となりました。
サービス開始1周年として、1年間のサービスのデータが公開されたので見ていきたいと思います。
キャンペーンについては公式を見ましょうそうしましょう。

【LINEモバイル】サービス開始1周年 | LINE Corporation | ニュース

「LINEモバイルの1年間」について見てみましょう。
AmazonランキングのSIMカード部門で1位だったそうです。

Mobile
LINEモバイルのAmazon用エントリーパックはSIMは無いけど事務手数料も無い
ごきげんよう 格安SIM、格安スマホと言われ、徐々に広がりを見せている中いかがお過ごしでしょうか。 人によって契約は実店舗が良いという場合は、大手家電量販店等の実店舗にある決まった通信事業者としかプラン契約で…

SIM本体は同梱せずエントリーコードを記載というスタイルだったと思いますが、Amazonの力でしょうか。売れたんですね。

「利用されたカウントフリーデータ量の割合」を見ますと、全体の3割になっています。
LINEもこの3割に含まれているのでLINEモバイルだけどLINEはあまり使っていないとも見えますがどうでしょう。
ニュースアプリや動画等はカウントフリーの対象外なのでこのあたりが残り7割を占めていそうです。

By: Álvaro Ibáñez
By: Álvaro Ibáñez

「年齢別選択プラン」を見ると、15歳未満は親等の人たちとのやりとりのためLINEフリーの割合が多いですが、以降39歳までは7,8割が「コミュニケーションフリー」または「MUSIC+」プランです。
この世代はLINEに加えてInstagramやFacebook、Twitterの利用が多いと思われますので割合として納得です。
Instagramの写真アップロードで容量食うならカウントフリーのほうが良いですもんね。
インスタ映えするものを探してその場でアップロード。楽しい限りでございます。

40歳以上はLINEフリーの割合が増え、60歳以上だと7割超えてます。
これは家族や年齢が上がると子どもや孫に持たされたタイプだと思います。LINEがコミュニケーションツールとして活用されているのでしょう。

LINEを起点にSNSのカウントフリー。10分電話かけ放題といったサービスを拡充するLINEモバイル。
LINEが廃れない限りはまだまだ成長しそうです。

それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>