ヤマト運輸直営店で荷物の持ち込みと受取をすると割引してくれるよ

By: Emma Jane Hogbin Westby

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  4. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  5. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  6. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  7. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  8. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  9. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  10. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
この記事の読了時間: 222

ごきげんよう

皆さん荷物送ってますか、受け取ってますか。
ネット通販市場の拡大などで流通する荷物の数が一気に増え、業界全体で色々と無理が表面化してます。
大手のヤマト運輸も10月1日から荷物のサイズに応じて値上げや既に「配達時間帯」の指定枠の変更がされています。

私も最近ネット通販は欲しいものがそもそも無いので控えてますが、現状を見るとなんでもかんでもネットで注文という気持ちにはなっていないですね。
再配達の問題もありますので、その点気をつけたい所です。

By: Emma Jane Hogbin Westby
By: Emma Jane Hogbin Westby

そんな中、ヤマト運輸ではクロネコメンバーズを対象として直営店持込割引をしています。
クロネコメンバーズのユーザーがヤマト運輸直営店に直接荷物を持ち込んだ場合、荷物1個につき追加で税込50円を割引きしてくれるようで、現在の持ち込み割引と合わせると税込150円の割引となるようです。これは利用したくなりますね。

なお、クロネコメンバーズはヤマト運輸が行っている荷物を受け取ったり、送ったりするときに便利になるサービスです。
自分宛ての荷物が届きそうになったり、不在通知が来ると日時指定をすることができ、不要な再配達をせずに済みます。
この機能重宝してます。

また、今回「宅急便センター受け取りサービス」というのを開始するそうで、自宅ではなくヤマト運輸直営店(宅急便センター)を届け先に指定すれば荷物1個につき税込54円お得になるようです。
自宅近くにヤマト運輸直営店(宅急便センター)があればついでに寄って受取ができるので良いですね。
これまでもセンター受取は出来ましたが、最初から選ぶ事で安くなるようです。

対象は宅急便やクール宅急便など。
利用方法もセールスドライバーの集荷、宅急便センター、一部の宅急便取扱店への持込みとコンビニ持ち込みを除けばほとんどカバーしているように感じます。
送り方もお届け欄に宅急便センター情報と受取の氏名、電話番号を記載すれば良いようです。

センター受取によって再配達を最初からせずに済むので優遇するということでしょう。
大型の荷物以外はセンター受取でも良さそうですね。
自宅近くの宅急便センターを調べておけばなんとかなりそうです。

持ち込みも受取も。どちらも割引によって利用促進してます。
なんでもかんでもお願いという状態はせずに、上手く使いこなしていきましょう。

それでは ごきげんよう

source:
10月1日。宅急便の値上げをいたします。ご理解とご協力を、お願いいたします。|ヤマト運輸

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>