定額で毎日ラーメンが食べられる 「野郎ラーメン」の「1日一杯野郎ラーメン生活」

NOODLE

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  4. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  5. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  6. 使い続けてもうすぐ3年のGALAXY Note IIに対して思ったこと
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  9. 京都祇園にはちょっと変わったLAWSONがある ローソン 八坂神社前店
  10. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
この記事の読了時間: 224

ごきげんよう

今回は、定額で毎日ラーメンが食べられる 「野郎ラーメン」の「1日一杯野郎ラーメン生活」についてまとめてみます。

1. 野郎ラーメンと「1日一杯野郎ラーメン生活」

野郎ラーメンとは関東で15店舗があるガッツリ系ラーメン店です。本当にガッツリ系です。

今回、野郎ラーメンを展開する株式会社フードリヴァンプが2017年11月1日(水)に「野郎ラーメンアプリ」をiOS版 とAndroid版で同時リリースするとしています。
その中で月額8,600円(税抜)でラーメンを1日1杯食べられる「1日一杯野郎ラーメン生活」を開始するとも発表しています。
因みに対象のラーメンは「豚骨野郎」と「汁無し野郎」と「味噌野郎」。

「豚骨野郎」だと12杯食べれば元が取れます。さらに他クーポンや当店オリジナル会員カード「ブタックカード」との併用も可能。毎日お得に野郎ラーメンをお楽しみいただけます。
赤字覚悟のサービスですので、食べ盛りの学生や働き盛りの18歳〜38歳までの私たちが定義する「野郎世代」のご利用に限ります。

と公式にあるように利用者にガッツリ食べて欲しい。そんでもってクーポンや会員カードと併用できるという罪深い仕様です。
まさかのラーメンにサブスプリプションモデルを採用。
利用できる世代は限定しているようです。

NOODLE

2. わたしが考えたこと

18歳〜38歳までの世代に限定したラーメン定額サービスとなりますが、この世代は学生やサラリーマンの中でも特に独身が多いと思われます。
よって、独身者は外食の支出が多いため定額でお腹いっぱいになれるというのはありがたいサービスではないでしょうか。
ただし、ラーメンですけど。

一番お安いラーメンだと12杯で元がとれるということなので月の1/3程度をこのラーメンで生活できればちょうど良いという事になります。
3日に1度ラーメンということでしょうか。
私も一時期ですが平日2日に1度ぐらいのペースでラーメンを食べていたら健康診断でアレな状態になったのでその点だけは注意しましょう。
後々に響くほどの暴飲暴食は避けなければなりません。

適度なラーメン生活を過ごしてみてはいかがでしょうか。

3. 最後に

今回は、定額で毎日ラーメンが食べられる 「野郎ラーメン」の「1日一杯野郎ラーメン生活」についてまとめてみました。
ラーメンが好きだからといってラーメンばかり食べすぎないようご注意ください。
だけど、体に悪そうなものほど美味しいんですよね。
本当に罪深い。

それでは ごきげんよう

source:
【野郎ラーメン】サブスクリプションモデルを11月1日リリース 定額で野郎ラーメンが食べられる – 株式会社フードリヴァンプ

野郎ラーメンオフィシャルサイト

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>