ネットスーパーを良く使うので良い点悪い点をまとめておく

Supermarket

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  4. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  5. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  6. 使い続けてもうすぐ3年のGALAXY Note IIに対して思ったこと
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  9. 京都祇園にはちょっと変わったLAWSONがある ローソン 八坂神社前店
  10. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
この記事の読了時間: 434

ごきげんよう

今回は、ネットスーパーを良く使うので良い点悪い点をまとめておく。

1. ネットスーパーとは

ネットスーパーとは名前の通り、ネットで商品を注文できるスーパーです。
大手のECサイトのようにネットで商品を選んで買うスタイルは変わりませんが、これまで実店舗重視であったスーパーで扱っている商品を短時間で届けてくれる点が異なります。
そう、生鮮食品、お惣菜などを扱っている点が強いです。
「ネットスーパー」と検索しただけでも多くのサイトがヒットします。
多くは既存のスーパーがネットに進出してきたという感じですが、ネット専門も中には居るようです。

そこで、今回は普段自分が使っているネットスーパーの良い点と悪い点をまとめておきます。

2. ネットスーパーの良い点

2.1 家に居ながら注文できる

これはECサイトでも基本ですが、家に居ながら注文出来る点は良いです。

現在の冷蔵庫の状況をその場で見ながらネットで注文できます。
私はタブレットを使って家の中を周りながら何が必要か確認しながら注文してます。
いちいちメモをしてお店に行くよりも楽ですね。

2.2 重いものもらくらく注文

ECサイトによっては重いものは配送に別料金がかかってしまったりしますが、私が使っているネットスーパーは特に追加料金無し。
ペットボトルの箱買い等重たいものも注文できます。
もちろん、いちいちお店に行く必要も無く、家の前まで持ってきてくれます。

妊娠中の方、病気でダウンしている方など。
外に出られない時は活用すべきです。

2.3 お店で歩き回る必要無し

実店舗のスーパーですと、やはり大量の商品があるので広いフロアを行ったり来たり。
買いたい物が決まっているものの、なかなか見つからなかったりします。
もちろん、お店の人に聞くのが速いですが、買いたい物を全部聞くわけには行かないですもんね。
人員的な問題が発生します。

そんなときに、キーワードで商品を探せる点は良いです。

2.4 当日注文、当日配送が可能

ネットスーパーによると思いますが、私が使っている所は朝注文で午後早くに届きます
もちろん、商品を届ける時間をある程度指定出来るので夕飯時にするとかできます。

ECサイトでも短時間の配送はやっていますが、スーパーにある一通りの物が買えて、当日配送なら良いと思います。
これで十分じゃないでしょうか。

2.5 お薬も買えます

ネットスーパーによりますが、医薬品も買えます。
もちろん全てがそうではなく一般用医薬品と呼ばれるものになります。
もちろん、普段使っている薬を買うときに重宝するぐらいで、初めて購入の場合は対面で話を聞いて選んだ方が良いです。

2.6 生鮮食品が買える

これが最強じゃないでしょうか。キャベツとかトマトとか、お刺身とかお肉とか。
実店舗としてスーパーがやっているからこそ出来る事だと思います。

「30分以内にキャベツが欲しい!」

そんな状況なら自ら実店舗に買いに行けば良いですが、そんなに急いでないけど欲しいという事ならネットスーパーが良いです。

2.7 実店舗と配送が連携している

ECサイトだと商品を販売する企業と商品を届ける企業は別々ですが、ネットスーパーではスーパーの一部門でやっているためか、連携がきっちりしています。
もちろん、配送担当の協力会社と連携するサービスもあります。

例えば、商品が誤って多めに入っている、少ないといった事があっても本部に連絡してその日の早めに持ってきてくれるようになっています。
商品受け取り時も、冷蔵もの、冷凍ものや飲料単位ぐらいですが商品を受け取りながら確認出来ます。

Supermarket

3. ネットスーパーの悪い点

3.1 写真と説明文のみで実物を確認できない

これはECサイトで良くありますが、写真と説明文だけでしか確認出来ないです。
実物を見て買いたいという人にとっては抵抗のある事かと思います。

3.2 生鮮食品なので再配達無し

宅配ボックス的なものもネットスーパーによっては使えますが、基本的に生鮮食品が対象なので、特定の時間に受け取りが必要です。
なので、再配達は基本的に無いですね。

3.3 お届け時間帯により注文数が決まってる

これは大規模化すれば解消されそうですが、時間帯により処理可能な注文数が決まっています。
なので、この時間帯に欲しいとなっても注文が速い人から順に届けてほしい時間帯を選ぶのでどんどん埋まっていきます。
早い者勝ちという状態です。
傾向としては昼頃か夕方遅くが早めに埋まっていきます。

3.4 頼んだ商品が品切れの場合もある

実店舗とネットで在庫を共有しているためか、商品が無いという場合も発生しやすいです。
その場合は代替品なのかキャンセルするのか選択します。
希望により電話でやりとりすることも出来ますが、何時電話が来るのか分からないのでユーザーにとっても面倒です。

4. 最後に

今回は、ネットスーパーを良く使うので良い点悪い点をまとめみました。
家に居ながら注文できて、生鮮食品も届くという点は良いですが実物を見られなかったり再配達が無かったりします。
ただ、1回で商品を沢山買う場合は選択肢の1つとして検討されてみてはいかがでしょうか。

それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>