月額190円からiPadを外で使おう 日本通信の「b-mobile S 190 Pad SIM」

IPad

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  5. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  6. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  7. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  8. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  9. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  10. くら寿司で一人回転寿司をしてみたので良い点を残しておく
この記事の読了時間: 242

ごきげんよう

今回は、月額190円からiPadを外で使える日本通信の「b-mobile S 190 Pad SIM」についてまとめておく。

1. b-mobile S 190 Pad SIMとは

日本通信株式会社が提供開始したiPad向けのSIMカード及び料金プランです。
Wi-Fi + CellularモデルでソフトバンクのSIMロックがかかっていても利用出来て、SIMフリーのiPadでも利用できるものになっています。

100MBまでは月額190円。1GBまでが540円。
それ以降は最大10GBまで1GB毎に350円ずつ加算されていく「おかわり課金方式」です。
10GBで最大3,690円となります。

IPhone
日本通信のSIMでソフトバンクのSIMロックiPhoneが月額990円から使える
ごきげんよう 今回は、日本通信からソフトバンクのSIMロックiPhoneが月額990円から使える「b-mobile S 990 ジャストフィットSIM」が出たのでまとめておきます。 1. 「b-mobil…

iPhoneのときと変わらない方式です。

IPad

2. わたしが考えたこと

スマートフォンならデータ通信、音声通話をするので毎月の通信費がかかることは理解出来ます。
ただ、iPadのようなタブレット端末だと維持費を払ってまで外で使うというのは微妙でしょう。
そうなればSIMカードを解約してしまいます。
スマホ+タブレットならスマホのテザリングでタブレットが使えますから、タブレット単体でSIMカードは不要です。

ただ、スマホではない携帯電話(フィーチャーフォン)とタブレットを持ち歩く方なら今回のSIMカードは良いかもしれません。
特に若い世代よりもある程度ご年配の方々におすすめできそうです。
タブレットは大きな画面なので地図を見たり、動画を見たり、本を読んだり扱いやすいです。
文字の大きさは重要ですもんね。

もちろん、維持費が安いからとスマホとタブレットの2台持ちもありえますが、狙うべきはここではないでしょう。
今回のお安い料金プランで、タブレットを家という固定した場所から開放できるか。
新たな選択肢として検討できるのではないでしょうか。

3. 最後に

今回は、月額190円からiPadを外で使える日本通信の「b-mobile S 190 Pad SIM」についてまとめてみました。
タブレット端末といえば家で使うもの。もしくはスマホと連携して使うものというイメージです。
単体で外に持ち出したいなら検討してみるのも良さそうです。

それでは ごきげんよう

source:
日本通信、月額190円からiPadで使えるSIMを新発売 ― 使っていないソフトバンクのSIMロックiPadも甦る ― | 日本通信株式会社

b-mobile S [ソフトバンク回線対応格安SIM] 990ジャストフィットSIM

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>