スマホ・タブレットを買ったら取り敢えず入れとこう Japan Connected-free Wi-Fi

Japan

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. ひとりカラオケからセルフサービスカラオケへ 全てセルフサービスのカラオケ店登場
  3. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  4. 栃木県益子町にある大川戸ドライブインで流しそうめんを楽しんでみた
  5. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  6. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  8. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  9. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  10. ウィルキンソン タンサン グレープフルーツを飲んでみた
この記事の読了時間: 235

ごきげんよう

今回は、スマホ・タブレットを買ったら取り敢えず入れておくべきJapan Connected-free Wi-Fiについてまとめておく。

1. Japan Connected-free Wi-Fiとは

国内のフリーWi-Fiをワンタップで接続出来るアプリです。
iOS版とAndroid版があり、利用登録は1度だけで13言語に対応しています。
※言語は(英語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、韓国語、タイ語、マレー語、インドネシア語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語、日本語)

訪日外国人向けではありますが、国内のフリーWi-Fiを束ねているので日本のユーザーも利用可能。

・利用可能エリア
Japan Connected-free Wi-Fi

コンビニから交通機関、商業施設といった各自で行っているWi-Fiスポットを網羅しているので使い勝手が良いです。

Japan

2. 使い方と注意点

アプリダウンロードと利用登録

iOS版かAndroid版のアプリを使用端末に合わせてダウンロード・インストール。
最初の設定で通信環境が必要なのでWi-Fi専用端末の場合は、ネットに繋ぎっぱなしにしておきましょう。

アプリダウンロード・インストール後、起動。
「コンテンツ取得中」のような表示がされたら必要なデータをダウンロードしているので待ちましょう。

最初に利用登録をします。SNSアカウントかメールアドレスで登録可能。
メールアドレスの場合は、別途メールが届くのでメール内のリンクをタップして認証します。

認証後はアプリ利用可能。

普段の利用時

アプリ起動時にたまに「コンテンツ更新」しようとしますが、フリーWi-Fi接続後に「コンテンツ更新」出来るのでキャンセルしてOK。
メニューからもコンテンツの更新を個別にできます。

あとはフリーWi-FiがあるところでWi-FiをONにしてこのアプリでConnectをタップすればOK。認証、接続までしてくれます。
Wi-Fi専用端末だとかなり重宝します。

注意点

フリーWi-Fiのセキュリティや利用制限はそれぞれのスポット仕様に依存します。
接続時に自動的にウェブページが開くので確認しましょう。何かあればそこに表示されています。

因みに、エリアに入ったら自動接続するといったことは無いので毎回アプリで接続する必要ありです。

場所によっては少しの移動で回線が切れることがあるため、その都度接続し直しが発生します。

3. 最後に

今回は、スマホ・タブレットを買ったら取り敢えず入れておくべきJapan Connected-free Wi-Fiについてまとめておきました。
これまで面倒だった個別の登録が不要で一回登録、複数Wi-Fi接続はありがたいです。
旅行時、普段使いにどうぞ。

それでは ごきげんよう

source:
Japan Connected-free Wi-Fi

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>