ダイアナの選択(the life before her eyes) ですか

ごきげんよう
見てみた。だけど良く分からなかった。
内容は十七歳のダイアナが親友モーリーンと学校生活を送っていたけど、ある日学校で銃乱射事件。
たまたま二人が居たトイレに入ってくる犯人。二人は犯人に「どちらか一人を殺す」言われる。
そして、ダイアナは選択を迫られる。
物語は10代のダイアナの話と共に事件後の三十代となったダイアナの話が進行する。
三十代の生活の中に飛び込んでくる10代の記憶。最終的に迎える多分衝撃の結末。
映画を見た後公式サイトに監督の解釈を見たけど。何か違うような気がする。
見た人に解釈を任せるらしく。色々と考えるべきところがある。
花を置いた机に座っていた人は誰だとか。
それでは ごきげんよう

[amazonjs asin=”B002753MEM” locale=”JP” title=”ダイアナの選択 DVD”]

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


にほんブログ村読者登録はこちら

あすへん! 〜薙月の明日への変化〜 - にほんブログ村

Twitterアカウントはこちら