笑の大学 ですか

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. Xiaomi Mi Band 3を使ってみたので残しておく
  3. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  4. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  5. イオンスクエアメンバーIDがロックしたのでカスタマーサービスに電話して対処してみた
  6. 栃木県益子町にある大川戸ドライブインで流しそうめんを楽しんでみた
  7. 羽田空港がプロデュース 空港限定のジュアアルディ ペコを飲んでみた
  8. 水出しコーヒー使用のジョージア ジャパン クラフトマン ブラックを飲んでみた
  9. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  10. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
この記事の読了時間: 042

ごきげんよう
観てみた。三谷幸喜脚本の作品なので。
内容は
昭和十五年。国民の娯楽である演劇が規制され、検閲を受けなければ上映できない。
その中で、検閲官・向坂睦男は劇団「笑の大学」座付作家・椿一の台本に無理難題を課していく。椿一は検閲官の要求を呑みつつもさらに「笑い」のある作品を作っていく。
ほぼ取調室で始まり終わる作品。舞台版もあるようですが、舞台のほうを見たいかも。
メイン数人を残して残りは本当にちょい役。エンドクレジットで初めて出ていたことが分かる人や見た目からは分からない人とか。
一日目から七日目にかけてだんだんと検閲官が変わっていく姿が良い。それをばっさりと切り上げる出来事もいい味だしてます。
観ておいても良いかも。
それでは ごきげんよう

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.