Banlieue 13 / アルティメット ですか

ごきげんよう
今回はBanlieue 13(日本ではアルティメット)を見ました。
フランス映画です。リュック・ベッソン監督ですよ。何故なのかこの監督の作品にはかっこいいハゲが出てくる。
内容はギャングたちがいっぱいの荒廃しきった地区、13街区。そこに生まれ育ったレイトは、麻薬を水に流すほど嫌いな人間。そんな彼は潜入捜査官と共にある任務につくことになる。強奪されて13地区に持ち込まれた時限爆弾の解除。与えられた時間は24時間である。

感想
全編アクションが冴え渡っていた。後で調べたら二人がパルクールの創始者とスタント出身の俳優らしい。そりゃあんなアクション素人には到底無理。撮る方も大変だったんじゃないかと。
最初のストーリーが突然すぎて何がなんだかわからなかったけど。徐々に話がわかった。だけど、アクション多めであんまり中身が無い。
気楽に楽しむなら良いと思う。続編あるようなので観ようと思う。
アクション好きなら観てみてもよいかと。
それでは ごきげんよう

[amazonjs asin=”B0013SJ0KE” locale=”JP” title=”アルティメット Blu-ray”]

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


にほんブログ村読者登録はこちら

あすへん! 〜薙月の明日への変化〜 - にほんブログ村

Twitterアカウントはこちら