あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 ですか

この記事の読了時間: 111

ごきげんよう
今回はこのアニメ。「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」です。長いです。
通称あの花です。
内容は主人公の目の前に小さい頃に死んじゃった女の子が現れて、だけど他の人には見えなくて。そんな少年と少女の夏を中心にした物語。
感想
このアニメは日常に非日常が入り込んだお話。
大きなバトルとかない、ハラハラドキドキなんて特にない。
だけど、ぐっと来る。それは心の奥深くにしまっておいた記憶を引っ張り出して白日のもとに晒すから。誰もが少なからず同じようなことを思い、それを忘れようと今を生きてる。
じんたんとめんまの関係をあなるもゆきあつもぽっぽもつるこも不思議がる。だって見えないから。自分には見えないから信じられない。関係はぎくしゃく。だけど、納得することをめんまはしてくれる。みんな納得する。だけど、みんなの関係はやっぱりぎくしゃく。
それの隠れた最高潮が11話。この回は非常に素晴らしくてこれ見なかったらこのアニメ見た意味ないぐらいEDへの流れがすばらしい。最終回はちょっと駆け足というかそんな感じだったので残念。けど、まるく収まるかくれんぼは良かった。
深い感想は書いてないけどこれは見ておいたほうが良い。本当におすすめ。
特にアニメあんまり見ない人が見るべき。
下手なドラマ見るくらいならこれ見てちょっと泣いてこいと言いたい。
それだけかな
それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


にほんブログ村読者登録はこちら

あすへん! 〜薙月の明日への変化〜 - にほんブログ村

Twitterアカウントはこちら