ディアトロフ・インシデント(Devil’s Pass / The Dyatlov Pass Incident)を観た

今日の人気記事

  1. イオンスクエアメンバーIDがロックしたのでカスタマーサービスに電話して対処してみた
  2. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  3. Xiaomi Mi Band 3を使ってみたので残しておく
  4. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  5. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  6. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  7. Pontaカードが真っ二つになったので直して使えるか試してみた
  8. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  9. 3回も検針でミスされたのでニチガスにするの賛成しない件について話したい
  10. WordPressににほんブログ村のブログパーツを貼ってみたのでまとめておく
この記事の読了時間: 123

ごきげんよう

今回はこの映画です。

まさかのアルバトロス配給のようです。アメリもそうですね。
実際に過去にあった事件を追いかける5人が雪山で、同じ場所で見てはいけないものを目撃する。
ファウンド・フッテージという手法で撮られているそうです。

前提条件として公開されていなかった映像がハッカーによってネット上に公開されたってところなんだが
3カメラの映像(一つはiPhone)の映像をうまく編集しすぎ。あと、端末ごとのカメラ性能の差が見えなかった。
時系列でつなぎあわせただけだろうけど。ビデオカメラって録画開始と終了の時刻とか保持してんだっけか。

予告にもあった雪崩で女性が突っ込んでくるシーンは似たのがパラノーマル・アクティビティであったなぁと思いつつ、
ついやりたくなっちゃうよねっていう気持ち。

お酒のシーンで縁起の悪さを実感しつつ救助隊の一人に会って
「実は11人居た」とか言われてなんだその残り2人はと思っていたが
劇中ところどころで1943年だっけっか、関係する情報が会話に出てきていて、最終的にあのネタで終了。
二人のその後は……やはり奴らなのか。

旧ソ連の謎っぽさがいい味出している。
ブレア・ウィッチ・プロジェクトとかクローバー・フィールド好きな人は良いかもしれん。

それでは ごきげんよう

[amazonjs asin=”B00FWKDTIS” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ディアトロフ・インシデント ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) Blu-ray”]

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.