水ビジネスとインド

今日の人気記事

  1. 栃木県益子町にある大川戸ドライブインで流しそうめんを楽しんでみた
  2. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  3. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  4. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  5. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  6. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  8. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  9. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  10. 使い続けてもうすぐ3年のGALAXY Note IIに対して思ったこと
この記事の読了時間: 053

ごきげんよう

今回はこの記事です。

クラウドと「水のATM」がインドの飲料水を救う : ライフハッカー[日本版]

http://www.lifehacker.jp/2014/05/140504mugendai_sarvajal.html

上下水道があまり整っていない状態では、安全な水を運んで人々に提供することが大切。
この「水のATM」はクラウドを使用して、人々に水を届ける。
クラウドで色々な情報が確認出来るようになっていて、それを用いて補給やメンテナンスをするとのこと。
フランチャイズ展開により広範囲で対応できるようでそれをクラウドで管理するものみたいですね。

インドの母親たちはこれで安心して安全な水が手に入りますね。
ただし、インドのインフラももっと向上させないとダメですね。
こういった水ビジネスはインフラが整っていない所でうまくいくからこそ
その国の人達は「自分たちも頑張らなきゃ」って気持ちになって欲しいです。

それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.