電気自動車モデルSとドコモ回線は快適性を生み出すか

この記事の読了時間: 057

ごきげんよう

今回はこの記事です。

ドコモ、日本発売のテスラ電気自動車に通信回線を提供へ

http://m.japan.cnet.com/#story,35049203

電気自動車「モデルS」とドコモの回線が車の快適性を変えるかも。
今回、NTTドコモが夏以降に国内販売予定のテスラモーターズのモデルSに対してデータ通信回線を提供するとのこと。

全国に基地局があるドコモなら途切れることなく通信して快適な操作が実感出来るかなと思えます。
とはいえ、山の手線内での繋がりにくさや
そもそもの通信障害も過去に連続で起きてますので
気になるところです。

まぁ、これは大きな話で、車が売れたら契約者数が増える、売上が増えるという良い循環になります。
基地局増えないかな。

しかし、一方で通信会社であると改めて実感します。
MVNOへの回線貸し出しを含め回線による売上がありますが、現在は独自ストアからの売上があるので
今後どのようなスタイルでこの会社が進んでいくのか気になります。

それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


にほんブログ村読者登録はこちら

あすへん! 〜薙月の明日への変化〜 - にほんブログ村

Twitterアカウントはこちら