緊急地震速報対応にみる多機能化する自動販売機とこれから

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 栃木県益子町にある大川戸ドライブインで流しそうめんを楽しんでみた
  4. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  5. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  6. Firefox Quantum(Firefox 57)にしたらFireFTPが使えなくなったのでFTPクライアントを探してみた
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  8. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  9. ウィルキンソン タンサン グレープフルーツを飲んでみた
  10. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
この記事の読了時間: 117

ごきげんよう

今回はこの記事です。

自動販売機が「クィ、クィ、クィ、地震です!」音声で緊急地震速報

http://m.huffpost.com/jp/entry/5750322

北海道コカ・コーラボトリングが運用開始した自動販売機は他とは違う。
まさかの、FOMA回線で緊急地震速報を受信、音声で知らせるという素敵仕様である。

震度5弱以上の地震が予測される場合には、音声とともに販売機に付いているパトランプが点灯するため、飲み物を買っている人も近くを歩いている人も注目せざるを得ない目立ち方である。
これで、災害時に少しでも被害が少なくなるなら、やっている意味があるというものである。

自動販売機は以前から多機能化されており、
駅構内で見るタッチパネルと顔認識センサを用いたタイプや災害時に無料で飲み物を提供するタイプ、Wi-Fiスポットが付いているタイプなどがある。

今後は複数の機能が搭載されたタイプが出てきたら更に良いなと思う。
特に、災害時のWi-Fiスポット開放は連絡手段として重宝する。実際に先の震災の際はWi-Fiスポットを無料開放したところが幾つかある。
Wi-Fiスポットを持つ自動販売機がそのような開放が出来ればメリットが多い。

今回の自動販売機は、緊急地震速報を受信出来るので、地震が起きたあとにも活用できるようにすれば、
十分、実用的だと思います。

今後の進化に期待しますよ。

それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>