スカイマークは日本航空との共同運航で窮地を脱するか

By: lkarasawa
この記事の読了時間: 154
By: lkarasawa

ごきげんよう

帰省時に良く使うスカイマークですが、最近旅客機「A380」の購入を巡ってエアバス社とのやりとりで違約金発生。
それに合わせて、不採算路線の廃止と値上げが行われました。また、成田空港を発着する路線からの撤退も発表されました。
そのためか、年末年始の料金が何時もより割高に感じられました。
普通運賃が片道4万円弱とか利用者にとってはかなり苦しいです。往復の料金に少し追加したらMacBook Airが買えてしまいます。

そんな中、スカイマークが日本航空(JAL)と共同で運航する流れで動いているようです。
搭乗率が低い路線の一部の座席を日本航空に提供することで既存路線の搭乗率を底上げとともに収益を上げたい狙い。

過去に日本航空の便にも乗ったことがありますが、羽田から地方に行く便よりも地方から羽田に行く便のほうが搭乗率が低かった印象です。
4,5年前なのでその時からかなり変わっているとは思いますけどね。

共同運航によってそれぞれの路線の搭乗率を上げて、少しでも経営の安定化を目指して欲しい所です。
とはいえ、まずは国土交通省に認可申請しないといけないそうで、それでそもそも許可がおりるのか。
しっかり説明しないといけませんね。日本航空は公的支援で復活を遂げているので提携しても大丈夫なのかという点ですね。

許可が降りて実際に共同運航になった場合は、徐々にスカイマークの経営は改善していくでしょうか。
大手とLCCの間に挟まれたスカイマーク。
中途半端な立場なら独自の道を見つけ出すしか無いですね。大手が来ない地方の小さな空港だって発着してるんだから頑張っていただきたい。

今後に期待したい。

それでは ごきげんよう

source:
スカイマーク、日航と共同運航へ…資本は求めず : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20141121-OYT1T50132.html

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


にほんブログ村読者登録はこちら

あすへん! 〜薙月の明日への変化〜 - にほんブログ村

Twitterアカウントはこちら