UQ mobileで本格的に動き出すau系MVNO

By: Yanki01

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  4. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  5. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  6. 外国人名の漢字当て字に困ったら使ってみよう 「KANJI NAME」
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. ウィルキンソン タンサン グレープフルーツを飲んでみた
  9. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  10. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
この記事の読了時間: 135
By: Yanki01
By: Yanki01

ごきげんよう

au系のMVNOは既にmineo(マイネオ)がサービスを提供していますが、ここに来てUQ mobileが入ってきました。
提供元のKDDIバリューイネイブラー株式会社は、KDDIが8月に設立した会社です。
つまり、これは自ら作った会社でau系MVNOの拡大を狙うKDDIの姿が見えます。

これまで携帯電話関連のMVNOと言えばドコモのネットワークを使用したものばかりでした。現在もほぼドコモ回線です。

つまり、大手キャリアにいるユーザーはMVNOにする事で結果としてドコモ回線に集まってしまうという状態になっていました。
ある意味でドコモの一人勝ち状態です。

最近の大手キャリアはMVNOの動向を気にしていました。
KDDI(au)にとっても自社ユーザーがMVNOに流れる事は嬉しいものでは無いでしょう。
しかも、MVNOはほぼドコモ系の回線ですから尚更です。

ユーザーの流出を防ぐために結果としてUQ mobileが生まれたと考えられます。
au系MVNOが存在感を示せば、例えauからMVNOに行こうとするユーザーが居ても同じグループ内にとどめやすくなります。
だって、今まで使ってた端末が使えるんですもの。

プランは既存の大手キャリアプランでは届かない980円から音声通話込み無制限で2,680円まで。
端末とセットで契約する事もできます。

これでau系MVNOの存在感が増すのでしょうか。
今後に期待します。

それでは ごきげんよう

source:
UQ mobile

http://www.uqmobile.jp/

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.