デイトリッパーを読んだので感想を書いとく

rp_51D-sj8ZZSL.jpg

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  4. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  5. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  6. 外国人名の漢字当て字に困ったら使ってみよう 「KANJI NAME」
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. ウィルキンソン タンサン グレープフルーツを飲んでみた
  9. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  10. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
この記事の読了時間: 14

ごきげんよう

今回は葛城 真実(著)の「デイトリッパー(愛蔵版)」を読んだので感想を残しておきます。

オゾン層が破壊されて、有害な紫外線が昼間降り注ぐ世界で、アンはドラッグを使いながら生身を使った仕事をこなす。
その後寄ったチェンの店でドラッグを使った後から非現実的な事が続いていく。

エロとドラッグとSF。
オゾン層が破壊された世紀末風味の世界でそれでも人間の欲望を満たそうとするおかしな風俗システム。
何故か主人公は家出少女っぽい。
宣教師も紫外線の強い昼間から環境保護の布教とは大層な事である。

アンがチェンのお店でドラッグをかましてから、アンの周りが狂っていくがチェンがすべて解決。
更にオゾン層回復という技を繰り出して終り。
最後はコンピュータの人工知能登場という全てを片付けるには良い登場人物が出てきた。

中身があったようで深みが無かった気がする。
前日譚も繋がっているようですが、ぱっと見わからない。お風呂場で死んでた男がアレなのかどうなのか。

あまり、お腹は満たされなかったです。
もうちょっと現実的な結末を提示できるように世界観を構築できていれば良かったかと思います。

それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.