Xminiを水没させてGRATINA2を買ってみた時に気がついた事

xmini_2015

今日の人気記事

  1. イオンスクエアメンバーIDがロックしたのでカスタマーサービスに電話して対処してみた
  2. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  3. Xiaomi Mi Band 3を使ってみたので残しておく
  4. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  5. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  6. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  7. Pontaカードが真っ二つになったので直して使えるか試してみた
  8. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  9. 3回も検針でミスされたのでニチガスにするの賛成しない件について話したい
  10. WordPressににほんブログ村のブログパーツを貼ってみたのでまとめておく
この記事の読了時間: 439

ごきげんよう

最近はスマートフォン、携帯電話ともに防水化がされてきていますが、やっぱり水没させる事ってありますよね。
今回私の愛機であるXminiを水没させてしまいました。

1. Xmini 水没

xmini_2015
写真は水没後の様子。
まさかの、洗濯機にインするとは。ジーンズのポケットから出し忘れたという単純な理由です。
電話機能だけしか使っていないので日常における重要度が低下しているのかもしれません。
今はキャリアメールもスマートフォン上で使えますからね。

電池カバーを外しますと、水没有無を表す部分が赤というか赤紫色に変化しておりました。
「やっちまったな!」状態です。
Xminiはカメラ無し、キーも極小で本体も軽いので最近の他の携帯電話には無い一種の清々しさが感じられる端末。
標準でストラップが付属していましたが、首から下げても問題なく使えそうな重さまでは到達していました。
小さいからなのかなんなのか充電持ちも良かったです。

最近このタイプのフィーチャーフォンが出てこないので残念です。
カメラ機能を使っちゃいけない仕事現場だってあるでしょうに。
そんなニーズに対応できる国内端末は無いのでしょうか。

2. GRATINA2 君に決めた!

gratina2_2015
Xminiを水没させてしまったので、どうしようかと悩みました。
以前はbiblioを使っていて端末そのものは存在するので持ち込み機種変で対応しようかと思いました。
しかし、最近使っていない事と既にボタンの効きが悪かったので最新機種にすることに決定。

auショップに行って「フィーチャーフォンありますか」って言ってキョトンとされてしまいました。
「ガラケー」は正式名称じゃないでしょうに。
今やフィーチャーフォンは2,3機種しかないんですね。
もうほとんどiPhoneなどのスマートフォンですからね。去年はフィーチャーフォンの売上が伸びたようですけど。

ビジネス向けっぽい端末もありましたが、ほとんど機能が変わらないのでGRATINA2にしました。

サービス契約とかアプリ入れろとか無かった

本当に久しぶりに機種変更(持ち込み機種変更以外)をしたんですが、アプリ入れろとかサービス契約しろ的なものは消えているんですね。
購入条件もプランEかパケット定額サービス系を選べばおっけーでした。
以前と変わらないプランでそのまま移行できたので助かりました。

SIMカードが標準SIMからmicroSIMに変わってた

スマートフォンではmicroSIMやnanoSIMになってましたが、フィーチャーフォンも同様になったんですね。
おかげで、昔のフィーチャーフォンが使えなくなってしまいましたよ。
まぁ、これでフィーチャーフォンからスマートフォンに移行する際も、その逆もSIM変更の手間がなくなったので良くなりましたね。

充電端子がmicroUSBになってた

スマートフォンとの共通化の流れなのか、充電端子がmicroUSBになってました。
卓上ホルダーが付いていますが、これもmicroUSB端子が付いていますね。
もう独自端子は時代遅れと感じたのでしょうか。こちらとしてはありがたいですね。

Xminiを発売当初から使っていると勘違いされてた

Xmini本体が6年以上前に発売されたので、「端末を長く使われるならこのサービスを付けたほうが良いですよ」とスタッフがサポートのサービスをおすすめしてきた。

auのDB上には直前の使用端末の情報は保持されていても、それ以前の端末情報は残っていないのかもしれませんね。
適当に言っているので実際は保持されているのかもしれませんけど。前回機種変更時期ぐらいは情報持っていると思うけど。

auのスマートフォンをやめてから少しして買った端末なので2年以上は使っているかな。
こんな事件(水没)で買い換えるとは思っていなかったけど。

GRATINA2はこれまでのフィーチャーフォンと中身は同じ

最近ガラスマなんて出てきましたが、このGRATINA2はそのまんまフィーチャーフォンです。
説明書無しでとりあえずトップ画面のショートカット変更とニュースフラッシュを隠しました。
それ以外の機能も変わらないようで、これまでフィーチャーフォンを使ってきた方も使いこなせそうです。

3. 最後に

今回はまさかのXmini水没とGRATINA2購入でした。
久しぶりに通常の機種変更を経験出来ました。
次回身の回りの機器の買い替えがあるとしたらスマートフォンかなと思います。最近、予備の電池を買ってしまいましたけど。

皆さんも電子機器の水没にはご注意ください。

それでは ごきげんよう

source:
GRATINA2(グラティーナツー) | ケータイ | au

http://www.au.kddi.com/mobile/product/featurephone/kyy10/

Walkman(R) Phone,(ウォークマン フォン) Xmini | 製品アーカイブ | au

http://www.au.kddi.com/mobile/product/archive/featurephone/dp/xmini

株式会社 東芝 携帯電話:au biblio

http://www.toshiba.co.jp/product/etsg/cmt/au/biblio/biblio_menu.htm

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.