IIJがau系MVNOへ 日本初のLTEマルチキャリアMVNO誕生

By: MIKI Yoshihito

今日の人気記事

  1. イオンスクエアメンバーIDがロックしたのでカスタマーサービスに電話して対処してみた
  2. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  3. Xiaomi Mi Band 3を使ってみたので残しておく
  4. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  5. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  6. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  7. Pontaカードが真っ二つになったので直して使えるか試してみた
  8. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  9. 3回も検針でミスされたのでニチガスにするの賛成しない件について話したい
  10. WordPressににほんブログ村のブログパーツを貼ってみたのでまとめておく
この記事の読了時間: 22

ごきげんよう

皆さんMVNOってご存知でしょうか。
仮想移動体通信事業者と呼ばれ自社では物理的な回線を持たず、他社から借り受けてサービスを行う企業のことです。

日本国内で有名なのはLTEを使ったドコモ系、au系。WiMAXを使った各MVNOかと思います。因みに自社回線を持つ通信事業者はMNOと呼ばれます。
これまで同一規格の回線で複数のMNOから回線を借り受けてサービスを提供するMVNOは居ませんでした。
同じ規格とはいえ周波数が違うとか色々面倒だからです。
結果、LTEではドコモ系MVNOが沢山生まれサービスが提供されています。

By: MIKI Yoshihito

そんな中、IIJがLTEのドコモ系MVNOサービスに加えて法人向けにau系MVNOサービスの提供を開始するとの発表がありました。
これによって日本初のLTEマルチキャリアMVNOの誕生になります。

これまで、法人向けにデータ通信サービス「IIJモバイルサービス」ではNTTドコモの回線網を利用した「タイプD」、ワイモバイルの回線網を利用した「タイプE」がありました。
今回新たにKDDIのLTE回線網を利用した「タイプK」が追加されます。

データ通信は「定額プランL/定額プランライト/定額プランライト:いちねん」の3プランで高速データ通信量も3GB/月から7GB/月。
1年分の料金を一括支払いするプランもあり、法人向けって感じがします。

また、マルチキャリア化したのでドコモ系/au系で高速データ通信量を共有(データシェア)出来るというメリットもあり、もはや既存の大手キャリアでは手の届かない領域に達した感があります。

既に提供している「バースト転送」も機能として素晴らしいと思いますが、今後も「MVNOでしか出来ない事」をする事で、他MVNOを含めた市場の活性化を行っていって欲しいなと思います。

それでは ごきげんよう

source:
IIJ、「IIJモバイルサービス」に新品目「タイプK」を追加 | 2015年 | IIJ

http://www.iij.ad.jp/news/pressrelease/2015/0326.html

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.