LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく

By: blumblaum

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  4. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  5. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  6. 外国人名の漢字当て字に困ったら使ってみよう 「KANJI NAME」
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. ウィルキンソン タンサン グレープフルーツを飲んでみた
  9. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  10. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
この記事の読了時間: 434

ごきげんよう

Googleが提供しているサービスでGoogleドライブがあると思う。
オンラインストレージサービスだ。
Chromebook(Chrome OS)のファイル置き場になるし、保存された文書や画像などをモバイル端末に表示する事が出来る。

現在はデスクトップPC/ノートPC(Windows/Mac)やモバイル(iOS/Android)、ウェブブラウザ上で使う事が出来る。
しかし、Chromebook(Linux)ではウェブブラウザ上でしか使えないので扱いにくい。
それに加えてMacで使っていた公式アプリは非同期型のソフトウェアで本体容量を圧迫する。

Chromebook(Linux)にはストレージ容量に余裕なんて無い。

By: blumblaum
By: blumblaum

そこで今回は、「google-drive-ocamlfuse」というソフトウェアを使う事でGoogleドライブをLinux上にマウントして使用できるようにする。

1. google-drive-ocamlfuseとは何か

「google-drive-ocamlfuse」はGoogleドライブをLinux上でマウント出来るソフトウェア。
Googleドライブのデスクトップ向け公式ソフトウェアでは非同期になり、端末側にもデータを保存する容量を要求しますが、こちらのソフトウェアはネットワークマウントを行う。
そのため、少ないストレージ容量の端末でも容量を気にせず使用出来るというメリットがある。

このソフトウェアはFUSEという独自のファイルシステムを構築出来る機能を用いており、遠隔にあるGoogleドライブのストレージを端末側にマウント出来るようになっている。

2. google-drive-ocamlfuseを使えるようにしてみよう

2.1 apt-getで自分の環境にインストール

作者がUbuntu向けにパッケージを公開してくれているので、リポジトリにPPAを追加してapt-getでインストールを行う。

$ sudo add-apt-repository ppa:alessandro-strada/ppa
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install google-drive-ocamlfuse

2.1. Googleドライブへの認証

インストール実施後、下記コマンドをパラメータ無しで実行しよう。

$ google-drive-ocamlfuse

すると、自動的にGoogleのサイトに遷移し、ソフトウェアの認証を行うか聞かれる。
承認すれば以降はコマンドからGoogleドライブをマウント出来るようになる。

2.2. 実際にGoogleドライブをマウントしてみよう

Googleドライブの認証も完了したので早速マウントして使ってみよう。

$ mkdir ~/googledrive
$ google-drive-ocamlfuse ~/googledrive

これにてログインユーザーの「googledrive」にGoogleドライブがマウントされたかと思う。
嬉々としてファイルマネージャ関連で該当ディレクトリにアクセスするとデータ通信が大量に発生して固まるか動きが遅くなるので、CUIでの操作をオススメする。

アンマウントする場合は下記コマンドを実行する。

$ fusermount -u ~/googledrive

これでGoogleドライブはアンマウントされた。

長いコマンドを毎回打つのは面倒なので、「.bashrc」辺りに

alias gdrive_m='google-drive-ocamlfuse ~/googledrive'
alias gdrive_u='fusermount -u ~/googledrive'

と書けば次回以降マウント/アンマウントが行い易くなると思う。

この他に、複数アカウントを用いたマウントが出来るが、詳細は下記に示す公式サイトで確認頂きたい。

3. 最後に

今回はLinux及びChromebook(Linux)で扱いにくかったGoogleドライブについて、ネットワークマウントが出来る「google-drive-ocamlfuse」を紹介した。
この方法で、これまでよりも格段とGoogleドライブが扱いやすくなったかと思う。
外部記憶装置としてGoogleドライブを使っている方は試されては如何だろうか。

それでは ごきげんよう

source:
astrada/google-drive-ocamlfuse · GitHub

https://github.com/astrada/google-drive-ocamlfuse

FUSE: Filesystem in Userspace

http://fuse.sourceforge.net/

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




2 thoughts on “LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく”

  1. 有料のoverGriveを買おうか迷っていたので。とても参考になりました!便利そうですね

    1. ネットワークマウントなので通信量が気になりますが、CUIで扱える点が良いですよ。参考にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.