MicrosoftのHow-Old.netから見えてくる機械学習の今

how-old_2015_01

今日の人気記事

  1. 栃木県益子町にある大川戸ドライブインで流しそうめんを楽しんでみた
  2. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  3. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  4. Xiaomi Mi Band 3を使ってみたので残しておく
  5. 水出しコーヒー使用のジョージア ジャパン クラフトマン ブラックを飲んでみた
  6. イオンスクエアメンバーIDがロックしたのでカスタマーサービスに電話して対処してみた
  7. 羽田空港がプロデュース 空港限定のジュアアルディ ペコを飲んでみた
  8. いきなりステーキで約700gのリブロースステーキを食べてみた
  9. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  10. チェリオの無糖 ブルースコーヒーブラックを飲んでみた
この記事の読了時間: 45

ごきげんよう

機械学習と呼ばれる分野、特にDeep Learning(深層学習)は最近画像関連でかなり動きがあります。

「Deep Learning」とはなんぞやという方は下記の記事で簡単に説明しているのでどうぞ。

また、最近ではGoogleやAmazonも自社クラウドサービス上で機械学習が出来るようにサービス拡充を行っています。

how-old_2015_01

そんな中、Microsoftの「Project Oxford」という中で複数の機械学習APIの公開を始めていました。

この中で、顔認識API(Face APIs)とMicrosoftの「Azure Stream Analytics」などを組み合わせて出来上がった応用事例がhttp://how-old.netです。

巷では、顔写真から年齢を判定するサイトとして話題になりましたがこれも機械学習APIのデモンストレーション。
GoogleやAmazonが既に自社サービス上で動く機械学習サービスを立ち上げたように、Microsoftもクラウドベースの機械学習APIを公開してきたということです。
全APIのデモはこちらにあります。

過去にも顔認識技術をデモしたサイトはありました。

やはり、最近はAPIだけでなくAPIを動かすクラウドサービスも重要になってきたのかなと思います。
一企業が膨大な計算量を必要とする機械学習を気軽に使えるといえば微妙ですからね。

大きの企業が人工知能の研究所を作って取り組み始めています。

これもまた、膨大なデータを用いた機械的な学習の上に成り立つもの。

外からは人工知能や機械学習という名前ですが、手法も様々で日々進化しているところです。
Deep Learning(深層学習)という言葉が話題になるぐらいに今勢いのある分野といえるでしょう。

それが今度は別の画像以外の分野で成功出来るのか否か。
それはまた研究者たちの力の見せ所ですね。
今後が楽しみです。

因みに、http://how-old.netで「ジェイソン・ステイサム」と検索してみたら、本記事最初の画像のようになりました。
あれ?ドウェイン・ジョンソン?

これもまた機械学習ということで。

それでは ごきげんよう

source:
How Old Do I Look?

Microsoft Project Oxford Home

Microsoft Azure Machine Learning Gallery

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.