ブログ向けのAmazonのほしい物リストを作った時に気をつけたこと

By: Shawn Campbell

今日の人気記事

  1. 栃木県益子町にある大川戸ドライブインで流しそうめんを楽しんでみた
  2. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  3. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  4. Xiaomi Mi Band 3を使ってみたので残しておく
  5. 水出しコーヒー使用のジョージア ジャパン クラフトマン ブラックを飲んでみた
  6. イオンスクエアメンバーIDがロックしたのでカスタマーサービスに電話して対処してみた
  7. 羽田空港がプロデュース 空港限定のジュアアルディ ペコを飲んでみた
  8. いきなりステーキで約700gのリブロースステーキを食べてみた
  9. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  10. チェリオの無糖 ブルースコーヒーブラックを飲んでみた
この記事の読了時間: 347

ごきげんよう

皆さんAmazonは使っているでしょうか。
その中にAmazonのウィッシュリスト(ほしい物リスト)がありますが作成して公開できます。

皆さんにプレゼントしてもらえるよ。やったね!

By: Shawn Campbell

ということで、今回は「Amazonのほしい物リスト」を作成した時に気をつけるべき項目をまとめましたので書いておきます。

Amazonのほしい物リストの作り方

Amazonの「ほしい物リストを作成する」から作成しよう。
まずは非公開でリスト名をつけてみよう。すぐに他の人に見られて恥ずかしいからね。

あとは、実際に「ほしい物リスト」を表示させて「リスト・プロフィールを更新する」から表示項目や送り先を決定しよう。

「サプライズする」にチェックを入れれば、商品が届くまでわからないので突然送りつけられるというイベントを楽しむことが可能だよ。

気をつけたこと

1. リスト情報をブログ用に書き換える

「リスト・プロフィールを更新する」をクリックすると表示されるページの左部分です。

「ほしい物リスト」を作成した当初は中の人の情報満載です。このままではリストを見た人が「中の人」が誰だか分かってしまうので注意。
メールアドレス以外は書き換えられるので書き換えましょう。

「受取人の名前」は外向けに変えましょう。「〜管理人」とか使っている名前とか。

誕生日は中の人の誕生日でも良いですし、設定があるならそちらを使いましょう。

「自己紹介」は書く場合はそれなりにキャッチーな言葉があると良さそうです。
書いたとしても現在何故かスマートフォンからは表示されないようです。

2. リストの送付先住所を書き換えよう

既存の普段使いのお届け先を使うと、ほしい物リストを使って購入した人が中の人の情報をゲットしてしまうというお話がありましたので、書き換えます。

新規で作成。氏名も外向けに変更します。
郵便番号から以降基本的に普段使用するお届け先と同様です。そうしないと届かないから当たり前です。
ただし、この情報だけだとお届け先氏名の部分が外向けの名前になってしまいます。
「〜〜管理人」みたいな。
ものを運んでくれる業者さんが困らないか心配です。

なので、住所の最後に「〜〜方」といった形で苗字を追加しておきます。
これで業者さんも確認可能になります。

source:
【雑記】Amazonのウィッシュリスト(ほしい物リスト)の名前の伏せ方(小ネタ) | Siva’s Blog

3. 砂1トンを送りつけられないように設定を変えよう

「ほしい物リスト」にあるものをカゴに入れつつ、それ以外のリストに無いものもカゴに入れると一緒に送れるそうです。
そして、この方法で「砂1トン」が届いてしまいます。

source:
text.ssig33.com – Amazon ウィッシュリスト経由で砂 1 トンを送る方法

「ほしい物リスト」を公開したらほしくない物が届いてしまいます。

対策として、「リスト・プロフィールを更新する」の中にある「第三者の出品者の商品の発送」という項目があるのでチェックを外しましょう。
マーケットプレイスの商品が除外されますが、代わりにこういった無茶な贈り物も減ります。

ただし、この方法だとAmazonが扱っている商品ならなんでも送れる事には変わりないです。
砂とか危険なものを公式に扱わなければ良いんですけどねぇ。

source:
Amazonほしいものリスト経由で「砂1トン」送りつける方法&それを防ぐ方法 – 大彗星ショッカーのヒマつぶし

4. 最後はほしい物リストのシェア・公開

非公開の状態で「ほしい物リスト」を作っていたので、そのままにしていたなんて事もありうる。

最後は必ず「公開」か「リンクをシェア」へ変更。「リストの設定を変更する」から変更できます。

最後に

今回は「ほしい物リスト」を作成するときに気をつけたことをまとめてみました。

「リンクをシェア」機能でTwitterやFacebookにも公開できるので試されてみてはいかがでしょうか。

それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




2 thoughts on “ブログ向けのAmazonのほしい物リストを作った時に気をつけたこと”

  1. Siva’s Blogの中の人です。
    うちの記事を参考にしていただき、ありがとうございます!

    ウィッシュリストは便利なのですが、デメリットも確かにあります。
    一工夫加えると回避できるので、ぜひ試して欲しいですね。

    1. いえいえ、こちらこそありがとうございました。
      宛先のところはプライバシー面で重要なので気をつけたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.