SmartNewsも「読書チャンネル」で変わりそうです

今日の人気記事

  1. 栃木県益子町にある大川戸ドライブインで流しそうめんを楽しんでみた
  2. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  3. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  4. Xiaomi Mi Band 3を使ってみたので残しておく
  5. 水出しコーヒー使用のジョージア ジャパン クラフトマン ブラックを飲んでみた
  6. イオンスクエアメンバーIDがロックしたのでカスタマーサービスに電話して対処してみた
  7. 羽田空港がプロデュース 空港限定のジュアアルディ ペコを飲んでみた
  8. いきなりステーキで約700gのリブロースステーキを食べてみた
  9. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  10. チェリオの無糖 ブルースコーヒーブラックを飲んでみた
この記事の読了時間: 157

ごきげんよう

皆さん本読んでますか。読もうと思っても良さそうな本って探すの面倒ですよね。
毎日使うニュースアプリみたいな形でおすすめ書籍情報をまとめてくれると助かるんですけどね。

condesign / Pixabay

そんな中、ニュースアプリの「SmartNews(スマートニュース)」にあるチャンネルプラスで「読書チャンネル」というものが出来たそうです。
チャンネルプラスは特定メディアと連携した専用のチャンネルだそうです。

「読書チャンネル」では新刊の情報や本の書評、関連ニュースを一箇所にまとめて提供してくれます。
提供元は現時点でKADOKAWAなど8社。

日々のニュースも書籍情報も1つのアプリで確認出来るというのは、複数あるよりも1つのほうが良いよねって事だと思います。

これで思い出したのが、グノシーもそういえば似たような事をしていた。

こちらはニュース+マンガという形です。

出版業界にとってはユーザーの入り口が増えるので良いこともあると思います。
ニュースアプリとして広がりを見せたSmartnewsやGunosyですが、もはやニュースよりもプラットフォームを構築することに目を向けているようにも思えます。

ニュースアプリたちが今後どう転がっていくのか気になるところです。

それでは ごきげんよう

source:
SmartNews、「読書チャンネル」をリリース|スマートニュース株式会社のプレスリリース

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.