使う月も使わない月も同じプランで 日本通信のおかわりSIM

今日の人気記事

  1. 栃木県益子町にある大川戸ドライブインで流しそうめんを楽しんでみた
  2. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  3. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  4. Xiaomi Mi Band 3を使ってみたので残しておく
  5. 水出しコーヒー使用のジョージア ジャパン クラフトマン ブラックを飲んでみた
  6. イオンスクエアメンバーIDがロックしたのでカスタマーサービスに電話して対処してみた
  7. 羽田空港がプロデュース 空港限定のジュアアルディ ペコを飲んでみた
  8. いきなりステーキで約700gのリブロースステーキを食べてみた
  9. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  10. チェリオの無糖 ブルースコーヒーブラックを飲んでみた
この記事の読了時間: 232

ごきげんよう

格安SIM、格安スマホのニュースが増え、MVNOという名前を知ったという方も増えてきたのではないでしょうか。
だけど、なかなか移行できない状態かと思います。
そもそもこれまで高速データ通信容量が最大7GBだったのに1GBや3GBで耐えられるかしらと。
使う通信量は個人によって変わるのでなんとも言えません。

OpenClipartVectors / Pixabay

そんな中、日本通信から「b-mobileおかわりSIM 5段階定額」(愛称:おかわりSIM)が6月10日から出るようです。

5段階定額ですよ。これまであっても2~3段階が限界でした。それを軽々と超えてきた5段階定額です。

おかわりSIMは高速データ通信量1GB税別500円からスタートして、最大5GB1,500円で使えます。
それ以降は最大200kbpsになりますが、「スマホにしたけど、どのくらい使うか分からない」って人には使いやすいと思います。

このプランがこれまでと何が違うかというと細かい5段階分けで高速データ通信が可能だということ。
特に1GB単位だということでしょうか。
100MBや500MBぐらいのクーポンで追加購入するものがありましたが、段階のものは無かったかと思います。

公式としては決まったGB通信量の定額プランに潜む「使っても使わなくても結局は定額」をおかわりSIMで排除しようという試みらしいです。
数GBの通信量となれば、使わない月使う月の違いは出てくる可能性があるのでこの「おかわりSIM」のほうがお得になるってこともありそうです。

5GBを超えて思いっきり使う場合は「b-mobile SIM 高速定額」を勧めしてます。
「おかわりSIM」に対する食べ放題プランみたいなものですね。

まずは「おかわりSIM」にして、物足りなかったら「高速定額」にするという事もできそう。

何時もながら日本通信のプレスリリースのセンスは良い。

それでは ごきげんよう

source:
日本通信、おかわりSIMを新発売 - 500円から上限1,500円の5段階定額 -

b-mobile おかわりSIM 5段階定額 | b-mobile

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.