「Android Wear for iOS」の公開でiPhoneユーザーはスマートウォッチの選択肢が広がるか

lg_watch_urbane_201505

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  5. ウィルキンソン タンサン グレープフルーツを飲んでみた
  6. まだアラーム音で朝起きてるの? Sleep as Android×スマートウォッチでスマートに目覚めよう
  7. 羽田空港がプロデュース 空港限定のジュアアルディ ペコを飲んでみた
  8. イオンスクエアメンバーIDがロックしたのでカスタマーサービスに電話して対処してみた
  9. 3回も検針でミスされたのでニチガスにするの賛成しない件について話したい
  10. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
この記事の読了時間: 221

ごきげんよう

Apple Watchが発売されてからはや数ヶ月が経ちましたが、皆さんはスマートウォッチに興味を持っているでしょうか。
日本でも複数のメーカーからAndroid Wear対応スマートウォッチが発売されていますし、海外メーカーの端末も日本で発売されるようになりました。

iOS/Android両対応のスマートウォッチも出てきていますね。1つのOSに依存しないようになってきています。

そんな中、GoogleがAndroid Wear対応スマートウォッチをiPhoneでも扱えるよう「Android Wear for iOS」の提供を開始しています。
対応はiOS 8.2以上のiPhone 5、iPhone 5c、iPhone 5s、iPhone 6とiPhone 6 Plus。
電話の着信やアプリの通知、Google NowなどのGoogle Appsが対応しています。
iPhoneを使いながら「Ok,Google」が出来ます。

動作確認済みの端末はMoto 360やHuawei Watch、ASUS ZenWatch 2があります。
私が使っているLG Watch Urbaneも対応しています。

今回の事で、丸型の腕時計をiPhoneで使いたい場合はAndroid Wear対応スマートウォッチも選択肢に入るようになりました。

Android Wear経由でiPhoneからAndroid端末へ移行を促す意図もちょっと見えますが、複数のOSが扱えるって良いと思います。
Android Wear対応スマートウォッチだと2万円から買えるものもあるので、検討してみるのも良いかもしれません。

それでは ごきげんよう

source:
Official Android Blog: Android Wear now works with iPhones

Android Wear on the App Store on iTunes

Official Android Blog: Android Wear: New watch styles and sizes

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.