Apple SIMによって海外旅行×iPadになっていくんでしょうかね

niekverlaan / Pixabay

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  4. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  5. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  6. 外国人名の漢字当て字に困ったら使ってみよう 「KANJI NAME」
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. ウィルキンソン タンサン グレープフルーツを飲んでみた
  9. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  10. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
この記事の読了時間: 225

ごきげんよう

皆さんは海外旅行に行きたいですか。
私は対象が決まってませんが「日本じゃないどこか」に行ってみたい気がします。
日本から出たら「日本じゃないどこか」ですね。対象が決まってません。

海外旅行をすると、海外での通信手段が必要ですよね。
大手携帯キャリアの海外プランを使用するか、現地の通信会社のSIMカード(プリペイドタイプ)を買うか。

または、最近出てきた海外でも使えますSIMを使うか。

色々選択肢がありますよね。
けど、自分の端末が対応しているか考えると色々心配です。

niekverlaan / Pixabay
niekverlaan / Pixabay

そんな中、世界90以上の国と地域で使えるApple SIMが、日本のAppleストアを含めて世界13ヶ国で購入できるようになっているようです。

日本国内ではauのモバイルネットワークを使用する事がKDDI、沖縄セルラーによって発表されています。
対象端末はSIMロックフリー CellularモデルのiPad Pro/iPad Air 2/iPad mini 4/iPad mini 3のようです。

iPad上でauのプリペイドプラン(LTEデータプリペイド)の契約をすることでデータ通信ができます。
1GBごとに1,500円とのこと。

訪日する外国の方々にとっては扱いやすいプランが登場したという点で、Wi-Fiスポットも少なく「通信環境が無い」という状況に遭遇することが減りそうですね。
日本人についても、海外旅行の際に対象のiPadを持っていれば契約してデータ通信出来るという点は心強いかもしれません。

ただし、現状iPhoneでは出来ないようで、大人の事情が見えそうな気がします。
訪日外国人のための通話・データ通信周りの充実は観光産業を発展させていくためには必要と思いますので、国内事業者による新たな策も期待したいと思います。
だって、iPadだけしか使えないなんて面白くないもの。

それでは ごきげんよう

source:
日本初、auの「LTEデータプリペイド」がiPad向けApple SIMに対応 | 2015年 | KDDI株式会社

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.