UQ mobileもVoLTE対応へ au系MVNOだって高音質で通話したい

StartupStockPhotos / Pixabay

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  4. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  5. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  6. 外国人名の漢字当て字に困ったら使ってみよう 「KANJI NAME」
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. ウィルキンソン タンサン グレープフルーツを飲んでみた
  9. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  10. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
この記事の読了時間: 244

ごきげんよう

MVNOでも高音質で通話したい。
ドコモ系MVNOではIIJmioの検証によってVoLTEの通話が出来るようですが、au系MVNOのほうが発表している範囲だとJ:COM MOBILEのみになります。

他MVNOも実際に対応しているのかもしれませんが状況がわからない状態。
特に、UQ mobileはVoLTE対応について早く発表してほしいところだなと思っていました。

StartupStockPhotos / Pixabay
StartupStockPhotos / Pixabay

そんな中、UQ mobileはVoLTE対応SIMカード及び料金プランを発表・開始しています。
対応機種と専用のSIMカード(プラン契約含む)を用いる事でVoLTEで通話出来ます。

対応機種は公式サイトの「動作確認端末一覧」でSIM種別を「マルチSIM(VoLTE用)」でフィルタすることで確認出来ます。
執筆時点では2015年春頃発売した「GALAXY S6 Edge SCV31」とSIMロックフリー端末である「ARROWS M02」が対象です。
ちょっと少ないですが今後対応端末が増えていくことでしょう。

また、「マルチSIM(VoLTE用)」とあるように1枚のSIMカードで標準/nano/microの3サイズに対応出来るようになっています。
契約者は自分の端末のサイズに合わせてカードをくり抜く事で使用可能。
変換アダプタの役割を果たすとか、そういう玄人思考でいると「違うじゃないか」となるのでご注意ください。
あくまで、3サイズのどれか選べるという形のようです。

マルチSIMだと、MVNOが3サイズのSIMカードパッケージを用意する必要が無いので、今後このスタイルにすると結果的にコストが抑えられそうな気がします。
microサイズにしようとして誤ってnanoサイズにしてしまったなんて事が発生しそうなので対策は必要ですね。

因みに、VoLTEプランにすると、

※VoLTEプランは「割込通話サービス」がオプション(200円/月)となります。

とのこと。
音声の通信が変わるので色々あるのかもしれませんね。

MVNOもVoLTE対応になり、3G回線は縮小されていきますね。
私もどのタイミングでVoLTEに行こうか考えているところです。

それでは ごきげんよう

source:
トピックス | 格安スマホ・格安SIMのUQ mobile

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.