このブログの記事画像がRETRIPの記事に無断転載された話をしたいと思う

Angry

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 栃木県益子町にある大川戸ドライブインで流しそうめんを楽しんでみた
  4. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  5. ウィルキンソン タンサン グレープフルーツを飲んでみた
  6. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  7. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  8. ひとりカラオケからセルフサービスカラオケへ 全てセルフサービスのカラオケ店登場
  9. チェリオのエナジードリンク ライフガードエックスを飲んでみた
  10. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
この記事の読了時間: 43

ごきげんよう

今回は、このブログの記事画像がRETRIPの記事に無断転載された話をしたいと思います。

1. RETRIPって何?

RETRIP(リトリップ)は旅行関連の記事をまとめたキュレーションメディアです。
旅行・観光・おでかけに関する情報を登録したサイトです。

まとめ記事を投稿する一般ユーザー(サイトではキュレーターだそうです)に対して記事の閲覧数や評価に応じた報酬(インセンティブ)を支払う「RETRIPキュレータープログラム」と呼ばれるものもあるそうです。
インセンティブの算出方法もなかなか分かりやすくて見た目には良さそうに見えてしまいます。

地域ごと、キュレーションメディアでみる「〜すべき10選」といった記事が大量にあります。
まとめ記事ってSNS系で拡散しやすいですもんね。

運営している企業は急成長しているらしい株式会社 trippiece(トリッピース)だそうです。

2. 何が起きたの?

気がついたら、このブログの記事画像がRETRIPの記事に無断転載されていたようです。

スイーツや食事が魅力的!恩納村にあるおすすめカフェ5選をご紹介! | RETRIP
※既に該当部分は削除されています。

該当部分のスクリーンショットはこちら。画像の下に薄い字で「出典:asuhen.net」と記載があります。
TipiCafe_retrip_201601

対象の記事はこちら。この中の「Tipiタコライス」の写真ですね。

過去に他の記事も引用があったのですが、その時は「ほう、引用されたのか」といった程度で見てました。

しかし、今回は画像が対象で見過ごすことが出来ないので問い合わせから連絡しました。
イラッとしたので、確認出来た引用も含めて削除対応してもらいました。
「出典」の文字が小さくて色が薄くて見難いので、このサイトのオリジナルコンテンツに見えてしまいます。

道路沿いからは派手な看板が目を惹き、すぐに見つける事が出来ます。

記事の文ですが、一通り読むと行っていない感が滲み出てます。
派手なテントはありますが、通りから駐車場を挟んでいるのでそんなすぐ見つかりません。

まぁ、キュレーションメディアというとどっかから引っ張ってきて翻訳記事掲載して問題になったりするところだと思っています。
真面目に書いているかなと思えるものも中にはありますけどね。エンカウント率低めです。

報酬があるので稼ぎたいライターが登録して記事を量産。運営側はそれでありがたいといったところでしょう。
「権利侵害の申告」も問い合わせが来たら対処する形にしておけばオーケーみたいな感覚かもしれません。
つまり、バレなきゃ良いってやつですね。

このブログ以外でも画像転載されている記事が見られるのでご自分のURLで検索してみると検索エンジンから行けるかもしれません。

Angry

3. RETRIPのユーザーに言っておこう

今回、RETRIPの記事や利用規約などを確認したので登録しているユーザーに言っておきます。

記事執筆時点で、利用規約の「13.紛争処理及び損害賠償」にある

4. 当社は、本サービスに関連して登録ユーザーが被った損害について、一切賠償の責任を負いません。なお、消費者契約法の適用その他の理由により、本項その他当社の損害賠償責任を免責する規定にかかわらず当社が登録ユーザーに対して損害賠償責任を負う場合においても、当社の賠償責任は、1000円を上限とします。

というやつ。危なさを認識したほうが良いと思う。

著作者からの権利侵害等の請求があった場合、基本的にユーザーが賠償するというもの。
無断使用によって請求されたものはそのままユーザーへ。
お気をつけ下さい。

運営会社はいいとこ取りですね。

4. 最後に

今回は、このブログの記事画像がRETRIPの記事に無断転載された話をしました。
お金の力がここまで人を惑わすのかと考えてしまいまいました。

今回のサイトの運営会社は人を上手く使って稼ぎますね。

それでは ごきげんよう

<追記 2016/02/06>
画像が転載された時点のRETRIP記事スクリーンショットを追加しました。

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>