大人のパックンチョ パックンチョ濃い抹茶を食べてみた

packncho_otona_201601

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 栃木県益子町にある大川戸ドライブインで流しそうめんを楽しんでみた
  4. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  5. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  6. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  9. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  10. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
この記事の読了時間: 140

ごきげんよう

今回は、森永製菓のパックンチョ濃い抹茶を食べてみました。

1. パックンチョ濃い抹茶とは

森永製菓が販売するビスケット菓子です。基本の味はチョコとイチゴ。
パッケージやお菓子本体にはディズニーのキャラクターが印刷されていています。

私もこの「パックンチョ」という名を昔聞いたことがあったような。
そんな気がする長年愛されているお菓子です。

その中でも「パックンチョ濃い抹茶」は、大人向けに濃い抹茶クリームをココアビスケットに閉じ込めたものです。
公式サイトの情報によれば2016年2月2日に発売したそうです。

OTONA PACK’NCHO

商品名の上に表示されたこの文字列が渋くてかっこいい感を出しています。

packncho_otona_201601

2. 実際に食べてみた

開封しただけで香る抹茶感。第一印象は良いです。

packncho_otona_201602

これまでのパックンチョはディズニーキャラクターの絵がビスケットに印刷されているのですが、
この商品は大人向けのためかディズニーキャラクターたちの躍動感溢れる姿をシルエットにして印刷しているようです。
これなら、これまでのパックンチョを知る大人でも食べられそうですね。

食べてみると、サクッとした中から抹茶クリームが良い感じに口の中に広がります。

抹茶の味のためか、空間まで渋くなります。
落ち着きたいときに良いかもしれません。

商品は立てるタイプのパッケージなのでオフィスの机に置かれているとかなり目立ちます。
ディズニーとの契約でパッケージもインパクトがありますね。
友達同士で集まった時の話題に良いかもしれません。

3. 最後に

今回は、森永製菓のパックンチョ濃い抹茶を食べてみました。
味が抹茶なので「大人の味」感が出ていて良かったです。

一息つきたいときに良いかもしれませんね。

それでは ごきげんよう

source:
パックンチョ|森永製菓

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>