IIJmio高速モバイル/Dサービスを使うなら本家以外がお得かも 各社特典をまとめてみた

Mobile

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 栃木県益子町にある大川戸ドライブインで流しそうめんを楽しんでみた
  4. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  5. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  6. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  8. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  9. ひとりカラオケからセルフサービスカラオケへ 全てセルフサービスのカラオケ店登場
  10. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
この記事の読了時間: 36

ごきげんよう

今回は、IIJmio高速モバイル/Dサービスを使うときに確認すべき各社特典をまとめてみました。

1. そもそもIIJmio高速モバイル/Dサービスってなによ

IIJmioは株式会社インターネットイニシアティブが提供するインターネットサービスです。
その中のNTTドコモ回線(LTE/3G)を用いたサービスがIIJmio高速モバイル/Dサービスになります。
MVNO通信サービスの1つです。MVNOについてはここでは割愛。

NTTドコモ回線を使っていますが、独自の機能(バースト転送)や「ファミリー通話割引」などの複数契約でも特典があります。
「バースト転送」は低速通信の状態でもはじめの一定量だけ高速通信できる機能。

このIIJmio(高速モバイル/Dサービス)は他企業との連携も行っています。
連携しているのはイオン系とビックカメラ系、ANAマイレージクラブ会員向けサービス「ANAマイレージモール」があります。
それぞれに特典があります。

また、MVNEとして他企業との関わりもあります。
MVNE含め説明は下記の記事をどうぞ。

2. 各社特典をまとめてみた

イオン系(IIJmio SIM for イオン)

イオン系列で購入した際の特典は、「イオン限定端末セット 1GB増量キャンペーン」があります。
指定の端末をセットで購入した際に利用開始月を含む24ヵ月間は高速通信データ容量が1GB増量で利用できるというものです。

ANAマイレージモール経由

ANAマイレージクラブ会員向けサービス「ANAマイレージモール」を経由することで契約時や月額プランでマイルが貯まります。

新規契約で200マイルが貰えて、月額プランで毎月下記のマイルが貯まります。

・ミニマムスタートプラン/9マイル
・ライトスタートプラン/15マイル
・ファミリーシェアプラン/25マイル

マイルを貯めている方はかなり良いかもしれません。

ビックカメラ系(BIC SIM powered by IIJ)

BIC SIMというブランドで専用カウンターも設けているビックカメラ系です。
月額プランを契約するとオリジナル特典として「公衆無線LANサービス Wi2 300」のアカウントが提供されます。
ベーシックエリアと呼ばれるWi2, Wi2_clubといったアクセスポイントを利用できます。

別途公衆無線LANを契約している方は統合することでお得になるという良い感じの特典です。
私もこのBIC SIMを契約して使っています。

Mobile

3. 最後に

今回は、IIJmio高速モバイル/Dサービスを使うときに確認すべき各社特典をまとめてみました。
それぞれ特典が異なりますので、自分が良いと思うものを選びましょう。

それでは ごきげんよう

source:
IIJ SIM for イオン|IIJmio

ANAマイレージモール|ANAマイレージクラブ

BIC SIM powered by IIJ

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>