ひとりカラオケからセルフサービスカラオケへ 全てセルフサービスのカラオケ店登場

Mic

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  4. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  5. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  6. 外国人名の漢字当て字に困ったら使ってみよう 「KANJI NAME」
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. ウィルキンソン タンサン グレープフルーツを飲んでみた
  9. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  10. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
この記事の読了時間: 156

ごきげんよう

皆さんはカラオケに行きますか?

私は最近は行かないんですが、後輩が良く一人や複数人でカラオケに行くようです。
最近は一人向けのカラオケ店があるそうですね。
専門のお店があるということはある程度需要があるんですね。
一人なら誰かに遠慮する必要もなく自分の好きな歌が沢山歌えます。練習のために同じ曲を続けて歌う事だってできますよ。

ソフトドリンクはセルフのところがあるので、自分のペースで歌ってドリンクを取りに行ってと行動できます
しかし、料理に関してはまた別ですね。電話で頼んで歌っている途中の突然の訪問に備えなければなりません。
あれって、分かっていてもびっくりしますよね。建物の構造上、ドアぐらいしか外(店舗の廊下)の状態が見えないので困ります。
見えたと思ったら入ってきたって事ですからね。何を言っているかわかりませんが、なんにせよ心の準備なんて無茶です。

一人カラオケ向けのカラオケ店ならまだしも複数人が入るお店だとなんとも利用者が気まずい状態になりかねません。
気にせず歌うところですが、ちょっと他人には聞かれたら恥ずかしい歌でも歌っていた日には、なんとも言えませんね。

Mic

そんな中、全てセルフサービスのカラオケ店が大阪府大阪市に登場しました。
その名はセルフジャンカラ住之江公園駅前店。ジャンカラという「ドリンク飲み放題付きカラオケ」のお店の派生版のようです。

Pepperを配置して対応させているようですね。
フードメニューは自動販売機による提供のようです。
基本はソフトドリンクバーが追加料金無しでアルコールバーやアイス、ソフトクリーム、フローズンやスープの飲み食べ放題が追加料金がかかります。

これで基本的に人に会わずに存分に歌うことが可能ですね。
突然人が入ってくる事も無く、集中できますね。

このお店を出している会社が京都にあるようなのでその周辺にもお店があるかもしれません。
そうなればセルフサービスタイプのお店が増えたら行ってみたいところです。

色々と気になります。行ってみたい。

それでは ごきげんよう

source:
住之江公園駅前店 2月26日(金)オープン l ジャンカラ(ジャンボカラオケ広場)

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.