FREETELの2つ折りSIMフリースマートフォンMUSASHIはガラホっぽい製品

Phone

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  4. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  5. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  6. 外国人名の漢字当て字に困ったら使ってみよう 「KANJI NAME」
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. ウィルキンソン タンサン グレープフルーツを飲んでみた
  9. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  10. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
この記事の読了時間: 238

ごきげんよう

ガラホってありますよね。スマホとガラケーのいいとこ取りです。
開発側もOSがAndroidなどスマートフォン向けOSを扱えるので既存のフィーチャーフォンよりもカスタマイズが容易になっています。

ガラホはユーザーにとってはガラケーのスタイル(テンキーとか折りたたみ)をそのままにスマートフォンの高機能を追加した形になるのでガラケーを使ってきたこれまでのユーザーの移行先としてなっています。

しかし、ガラホによってはアプリをダウンロードできるGoogle PlayなどのGoogleのサービスを搭載していないことがあります。

ガラホスタイルでGoogle Playなどスマホ的な使い方も充実させたい。
なんとも欲張りな要望ですが、これもまた求められています。

そんな中、FREETELは2つ折りSIMフリースマートフォン「MUSASHI」を発表しています。
現在は予約受け付け中で3月下旬発売のようです。

この端末はガラケーともガラホとも言わずに、ガラケーが持つ物理ボタンとスマホが持つ画面サイズの両方を達成しています。
裏表両面にそれぞれ4.0インチの液晶画面があり、どっちもタッチして操作可能なようです。

あとはGoogle Play対応でデュアルSIMスロット搭載で海外旅行にも持っていけます。

Phone

この端末の大きな特長は、ガラケースタイルで物理ボタンを使った利用が出来るだけでなく折りたたんだ状態で他のスマホと同様の操作が可能な点です。

つまり、ガラケーとスマホの橋渡し的な端末だなと感じました。

これまでのガラホやスマホの物理ボタン搭載端末の場合は、ガラケーかスマホかのどっちかでした。
それに比べるとこの端末はどっちのスタイルでも使えるという二刀流になっていますね。
なるほど、だから「MUSASHI」なのか。

ガラケーからのスマホデビューとして扱えそうですし、「スマホ使ってみたいがガラケーのほうが良い」っていうガラケーユーザーの心を揺れ動かします。

この会社はSIMフリーフィーチャーフォンのSimpleを出していたので、今後もガラケー(フィーチャーフォン)やスマホをニーズに合わせて世に出してきそうですね。

それでは ごきげんよう

source:
FREETEL MUSASHI 特長|機種一覧|FREETEL(フリーテル)

FREETEL、新プロダクト/新展開 発表会速報! | freetel

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.