栃木県出身者がセブンプレミアム 栃木県産とちおとめサイダーを飲んでみた

tochiotome_cider_201601

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. イオンスクエアメンバーIDがロックしたのでカスタマーサービスに電話して対処してみた
  4. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  5. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  6. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  7. ウィルキンソン タンサン クリアジンジャを飲んでみた
  8. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  9. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  10. ウィルキンソン タンサン グレープフルーツを飲んでみた
この記事の読了時間: 147

ごきげんよう

今回は、セブンプレミアム 栃木県産とちおとめサイダーを飲んでみました。
私は栃木県出身でとちおとめもよく食べていましたのでその点からもまとめたいと思います。

1. セブンプレミアム 栃木県産とちおとめサイダーとは

セブンプレミアムとはセブン&アイHLDGS.のプライベートブランドで、飲料だけでなく惣菜やお菓子、加工食品などを扱っています。

今回の栃木県産とちおとめサイダーはセブン&アイグループとポッカサッポロフード&ビバレッジとの共同開発商品になっています。
とちおとめの果汁が1%入っており、「栃木県産」と「とちおとめ」が大きく出ています。

2. 実際に飲んでみた

tochiotome_cider_201601

開封直後から香るいちご感。

一口飲んでみます。
ああ、たしかにとちおとめっぽい。
これが最初の印象です。

鼻から抜けるいちごの香りはかなり良いですね。
落ち着きたい時に飲んでも良いと思いますよ。

しかし、いちごの味が強いためか後まで残ります。甘さが残ります。
甘ったるくないですがいちごそのものの存在感が強いということでしょうか。
いちごがメインなので仕方ないですが、さっぱりしたいとかだと合わないと思います。
お茶を飲みたくなりました。

いちごの酸味についても、本物はこんな自己主張してる感じじゃなかったと思いますが、これも商品を印象づけるための調整なのかなと感じました。
熟しているものは酸味よりも甘さが前に出ているので印象が変わりますね。

とにかく「とちおとめっぽい」というのが結論です。

そういえば、とちおとめの加工品ってあんまり県外で大きく広がってないような気がします。
単体で消費されることがメインだと思いますが、今回のような炭酸飲料とか他の商品へと繋がっていくと良いなと思います。

3. 最後に

今回は、セブンプレミアム 栃木県産とちおとめサイダーを飲んでみました。
いちごの甘さが残るので、出来ればお茶か水があると飲み終わった後に現れる後味に困らないと思います。

それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.