ウェブページのリンク切れを確認するサイトはブロガーに良さそう

Link

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  3. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  4. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  5. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  6. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  7. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  8. イオンスクエアメンバーIDがロックしたのでカスタマーサービスに電話して対処してみた
  9. 羽田空港がプロデュース 空港限定のジュアアルディ ペコを飲んでみた
  10. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
この記事の読了時間: 147

ごきげんよう

自分でサイトを運営していたりブログを書いていたりすると遭遇することがあります。
それは過去に記事に貼ったリンクが何時の間にか切れているということ。

リンク切れを放置すると検索エンジンからの評価は下がります。
私も過去にブログ引っ越しの際に昔のURLの内部リンクを残したままにしてしまって、検索エンジンからペナルティを受けました。
検索エンジンから全く来ない期間が発生するとモチベーションが下がってサイト運営、ブログ執筆が滞りがちになります。

どうにか確認する方法はないんでしょうか。

そんな中、指定したウェブページに存在するリンクの有効・無効を確認できるサイトがあります。
その名も「Free Broken Link Test」です。

Free Broken Link Test

サイトにアクセスして確認したいウェブページURLを入力して「Test Now」のボタンを押すと確認してくれます。

「Do/No Follow」はリンク先ページがnofollowなのかどうなのか確認出来ます。
「Status」にHTTPステータスコードが表示されます。
赤いマークはページが存在しないなど確認すべきところです。
「Show broken links only:」をONにすると言葉通りリンク切れのみ表示します。

ブロガーの方々は検索エンジンからの評価を気にされていると思うのでこのようなリンク切れチェックサイトを用いてサイトの状態チェックをしてみてはいかがでしょうか。

Link

因みに、WordPressには「Broken Link Checker」というプラグインがあります。

Broken Link Checker — WordPress Plugins

こちらはプラグインを導入したら、あとはリンク切れが確認出来次第WordPressの管理画面上やメールで通知してくれます。
なかなかできるやつです。

それでは ごきげんよう

source:
Free Broken Link Test

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.