ブルボンのバウンドロックグミ グレープ味を食べてみた

boundrockgumi_201601

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  4. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  5. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  6. 外国人名の漢字当て字に困ったら使ってみよう 「KANJI NAME」
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. ウィルキンソン タンサン グレープフルーツを飲んでみた
  9. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  10. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
この記事の読了時間: 153

ごきげんよう

今回は、ブルボンのバウンドロックグミ グレープ味を食べてみました。

1. バウンドロックグミ グレープ味とは

ブルボンから販売されているグミ系お菓子です。

跳ねるハード食感。たくさん噛めて美味しさ続くというハード系グミの言葉が並びます。
丁寧に小さな子供や高齢者は気を付けるよう注意書きが書かれています。

ゼラチンが入っている事が今回のハード系グミをハードにしている理由かもしれません。

グミは柔らかい系グミとひたすら噛み心地を求めるハード系グミに分かれます。
どちらも食感ですが、長く楽しめるということでハード系は市場に多いです。

2. 実際に食べてみた

パッケージの開封時にハサミは使わないでと書いてあるのであけくちから紐みたいに引っ張って開封。
ここから既にハード感。

チャックが付いているんですが、袋を開けてないのに既に香るグレープ感。
袋を開けて直接嗅ぐとちょっと強めのグレープ感。
周囲にも広がるのでオフィスで開封したら周りの方に配りましょう。
そしてハードさをみんなで感じましょう。

boundrockgumi_201601

グミは説明の通りハードな食感です。噛んでも跳ね返されます。
何度も噛めばグミそのものが砕けますが、他のグミと比べるとかなりハード。
噛み切るときの感触がわかります。
この辺はゼラチンが影響しているんだろうなと思います。

強く噛んでもなかなか飲み込めるとこまではいかないので長く楽しめます。
軽く噛みながら口の中でコロコロ転がすのも良いかもしれません。かなり長く楽しめます。

パッケージによると35度以上になるとグミが溶けることがあるらしいので注意ですね。
あと、噛みすぎてアゴが痛くなったりしないか心配です。一袋ぐらいじゃならないと思いますけどね。

3. 最後に

今回は、ブルボンのバウンドロックグミ グレープ味を食べてみました。
現在出ているハード系グミのトップに到達しそうなほどハードです。
これはハード系グミが好きな方はオススメ。
ぜひ食べて欲しいところです。

それでは ごきげんよう

source:
バウンドロックグミ(グレープ味) 商品情報 | ブルボン

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.