格安スマホが郵便局にあるカタログで買える! MVNOに新たな販売経路現わる

Post, Office
この記事の読了時間: 241

ごきげんよう

格安スマホや格安SIMって買う所が決まってますよね。
MVNOのサービスをやっている企業の実店舗か家電量販店。あとは公式サイト上での販売になっていますね。
これらの場所で買う事に慣れている方なら問題ないですが、大手キャリアの携帯電話を使う方を更に取り込むには新たな販売経路が必要です。

MVNOによって売っている場所は違うし、どれを選べば良いか分からないですよね。私もわかりません。

端末と料金プラン、通話定額が1つになったプランが出てきたのですから、もっと実店舗や人目につく場所に進出して欲しいものですね。

Post, Office

そんな中、株式会社インターネットイニシアティブは「IIJmio 高速モバイル/Dサービス」の販路拡大のために郵便局に設置するカタログによる販売を開始すると発表しています。
開始は2016年8月1日から。

まずは、格安SIMとスマートフォン(富士通コネクテッドテクノロジーズ製のSIMフリー端末「arrows M03」)をセットにした商品を東海地方(岐阜県、愛知県、静岡県、三重県)にある2,050の郵便局にて取り扱いを開始するとのこと。
その後、順次全国の郵便局に展開するようです。

プランは月の高速データ通信容量が3GBのミニマムスタートプランになっています。
初めて使うなら取り敢えずこれってプランですね。

現在、郵便局では郵便関連に加えて簡易生命保険など扱ってますし、今回の格安スマホによって更に「郵便局とは何なのか」という状態になってきていてなかなかおもしろいなと思う所です。
これまでリーチ出来なかったスマホ初心者や高齢者の方々もこれで気軽に始められそうです。
この販売経路はなかなか大きいですね。驚きです。

この件については郵便局専用コールセンターがあり、きっちりサポートしていくという形が見えるので格安スマホ普及が進みそうです。

これまで大手キャリアのスマホや携帯電話を使ってきたユーザーが移行することはできるかもしれませんが、使い勝手など不満を上手く解消していくサポート体制に期待したいなと思います。

それでは ごきげんよう

source:
個人向けモバイルサービスとSIMロックフリー端末をセットにしたIIJmioの格安スマホの斡旋販売の開始 – 日本郵便

IIJ、個人向けモバイルサービス「IIJmio高速モバイル/Dサービス」とSIMロックフリー端末をセットにしたIIJmioの格安スマホを、郵便局に設置するカタログで販売開始 | 2016年 | IIJ

今日の人気記事

  1. NHKの受信契約をしているのに受信契約お願いの封筒が投函された件について話したい
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  4. イオンスクエアメンバーIDがロックしたのでカスタマーサービスに電話して対処してみた
  5. Table of Contents Plusの目次遷移先表示がずれていたので修正してみた
  6. 羽田空港がプロデュース 空港限定のジュアアルディ ペコを飲んでみた
  7. いきなりステーキで約700gのリブロースステーキを食べてみた
  8. Xiaomi Mi Band 3を使ってみたので残しておく
  9. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  10. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.