ファミリーマート限定のダイドー パインアップルスパークリングを飲んでみた

pineapple_sparkling_201601

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  3. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  4. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  5. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  6. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  7. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  8. イオンスクエアメンバーIDがロックしたのでカスタマーサービスに電話して対処してみた
  9. 羽田空港がプロデュース 空港限定のジュアアルディ ペコを飲んでみた
  10. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
この記事の読了時間: 249

ごきげんよう

今回は、ファミリーマート限定のダイドー パインアップルスパークリングを飲んでみました。

1. パインアップルスパークリングとは

ファミリーマート限定の炭酸飲料でメーカーはダイドードリンコです。
パインアップルのピューレ入り果汁を15%使用しています。容量は410ml。

この商品はファミリーマートの「ハワイアンフェア」ということで販売されており、ハワイをイメージしたものになっています。
確かにパインアップルとなるとハワイ感がありますね。

沖縄も局所的ですがパイナップル感がありますね。
夏に向けて求めるものがあるということでしょうか。

2. 実際に飲んでみた

pineapple_sparkling_201601

今回の「パインアップルスパークリング」は期間限定。
「まる絞り感覚」とパッケージに書かれています。高まる期待です。

開栓時に感じるパインアップル感。

一口飲んで感じるパインアップル感の強さ。
本当にパインアップルの輪切りをかじりながら炭酸水を飲んでいるような感覚ですね。
果汁15%でもこの味というのはなかなか凄いです。

パインアップルピューレが入っているためか舌触りは他の清涼飲料水とは異なり、生絞りのパインアップルジュースに近づいているように感じます。

それもそのはず、原材料名を確認すると「パインアップル」がトップに来ています。
おなじみの「果糖ぶどう糖液糖」は二番手。香料、酸味料だけでは表現できないものですね。

汗をかいたときの飲み物には適さないですが、夏を感じる飲料としてかなりお勧めしたいですね。

流石、カベルネソーヴィニヨンを出しだメーカーだなと関心しました。

3. 最後に

今回は、ファミリーマート限定のダイドー パインアップルスパークリングを飲んでみました。
これまでのパインアップルの炭酸飲料とは異なるものとして感じられました。

果汁が15%とか17%に到達するとかなり「果汁感」が得られるようですね。
果汁感を推しているメーカーは参考にされてみてはいかがでしょうか。

それでは ごきげんよう

source:
ファミリーマート – 160722_02.pdf

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.