b-mobileSIM 高速定額が利用開始手続き終了へ こうして使い放題から大容量プランへ行くのか

Mobile

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 栃木県益子町にある大川戸ドライブインで流しそうめんを楽しんでみた
  4. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  5. ウィルキンソン タンサン グレープフルーツを飲んでみた
  6. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  7. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  8. ひとりカラオケからセルフサービスカラオケへ 全てセルフサービスのカラオケ店登場
  9. チェリオのエナジードリンク ライフガードエックスを飲んでみた
  10. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
この記事の読了時間: 236

ごきげんよう

2015年頃に始まった格安スマホのLTE使い放題の流れは落ち着き、2016年は20GBや30GBの大容量プランが大手携帯キャリア含めて出てきました。

日本通信の使い放題(b-mobile SIM 高速定額)が懐かしいですね。しかし、蓋を開けてみれば低速通信ばかり。
一部のヘビーユーザーが帯域を使い続ける状態になってしまいました。
使い放題にしてしまうと「もっと、もっと」といった欲望が暴走するのかもしれません。

そして、出てきたのが25GB定額です。
他の大手キャリアやMVNO通信サービスも相次いで大容量プラン発表もしくは既存プランの値下げを行っています。

ユーザーの利用する通信量というのはそんなに多くないのかもしれませんね。
MVNO通信サービスの登場により、大手キャリアが行ってこなかった利用者に合わせた様々な料金プランが登場しました。
ただ、使い放題が生まれたことで、行き過ぎた競争の先に見えたのは大容量プランだったということでしょう。

Mobile

そんな中、「b-mobileSIM 高速定額」のパッケージ商品について、利用開始手続きを2016年11月30日にて終了すると発表しています。
利用開始手続きが出来ないということは新規ユーザーがこれ以上増えないということです。
因みにVAIO Phone絡みでは引き続き利用開始手続きが可能なようです。

既に利用しているユーザーは継続して利用できますが、これからどのタイミングでサービス終了となるかですね。

25GB定額が出てきた以上、ユーザーが減ってきたタイミングで終了となるでしょう。
それが何時なのか、来年なのか。

次の通信サービスを探さないといけませんね。

それでは ごきげんよう

source:
b-mobileSIM 高速定額の利用開始手続き終了についてのお知らせ

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>