Python3系で変数と演算と文字列処理をやってみた

Python

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. 栃木県益子町にある大川戸ドライブインで流しそうめんを楽しんでみた
  3. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  4. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  5. ウィルキンソン タンサン クリアジンジャを飲んでみた
  6. ウィルキンソン タンサン グレープフルーツを飲んでみた
  7. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  8. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  9. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  10. 水出しコーヒー使用のジョージア ジャパン クラフトマン ブラックを飲んでみた
この記事の読了時間: 529

ごきげんよう

今回は、Python3系で変数と演算と文字列処理をやってみました。

1. 値

Pythonの値について。
「Hello World」や数字はそれぞれ値だけど異なる型を持っている。
その型を調べるのがtype()というもの。
この()の中に値を入れたら型を教えてくれる。

Pythonのインタラクティブモードで実際にやってみる。

※インタラクティブモードはコマンドラインでpythonと打ってスタートするもの。
この他にtest.pyのようなファイルを作って実行するスクリプトモードがある。

>>> type("hello")
<class 'str'>
>>> type("1")
<class ‘str’>
>>> type(111)
<class 'int'>
>>> type(5.3)
<class 'float'>

str=文字列
int=整数
float=浮動小数点数
となる。

>>> type("1")
<class 'str'>
>>> type(‘5.3')
<class 'str'>

但し、type(“”)やtype(‘’)として中に数字を入れても文字列になる。

因みに、type()とは異なるが、1,000のように数字の中にカンマを入れると、

>>> 1,000
(1, 0)

のように区切り文字に見られるらしい。
これはカンマが区切り文字のため。
普段の使い方で1,500なんて表記をPythonで扱うと別々のものとして認識されるので注意。

2. 変数

CとかJavaとかと同様に変数はある。
値でやった文字列、整数、浮動小数点数を扱ってみる。

>>> string=("test data”) #string='test data’と同じ
>>> a=100
>>> f=3.141500
>>> type(string)
<class 'str'>
>>> type(a)
<class 'int'>
>>> type(f)
<class 'float'>

これら変数で使う文字列は文字と数字を含んでいても良いが、先頭は文字である必要あり。
先頭が数字だったり、文字列そのものが予約語に該当するとエラーになる。
先頭は小文字にしといたほうが良さそう。

今使っているPythonの予約語はkeywordをインポート後にkeyword.kwlistで確認可能。

>>> import keyword
>>> keyword.kwlist
['False', 'None', 'True', 'and', 'as', 'assert', 'break', 'class', 'continue', 'def', 'del', 'elif', 'else', 'except', 'finally', 'for', 'from', 'global', 'if', 'import', 'in', 'is', 'lambda', 'nonlocal', 'not', 'or', 'pass', 'raise', 'return', 'try', 'while', 'with', 'yield']
>>> len(keyword.kwlist)
33

Python3系では33個のようです。

3. 演算

>>> 3//2
1
>>> 3/2
1.5

Python3系からは演算子//があるようで、こちらは小数点以下を切り捨てる。
代わりに/を使う通常の場合は小数点以下まで出す。
Python2系の/がPython3系の//になっているので注意したい。

演算子の優先度は()で囲ったものが最優先で、次が階乗の計算。
それ以降は乗算・除算や加算・減算など。
基本的な数学の計算の順番ですね。

4. インタラクティブモードとスクリプトモードの違い

インタラクティブモードの場合は変数を含む計算式でも特にprintを使わずとも結果が表示される。
しかし、スクリプトモードだとprintとしないと結果表示はされない。
数字・文字列だけならprint(“”) で行い、変数を含む計算式ならprint()で囲む。

因みに、インタラクティブモードでPythonを起動した際にhelp()でヘルプ機能を呼び出せる。
printとかtypeとかandとか。
java等でも出来たがインタラクティブモードの中にある。

5. 文字列処理

変数に入れた文字列も演算子を使って扱える。

>>> string_f='start'
>>> string_l='end'
>>> string_f + string_l
'startend'
>>> string_f *3
‘startstartstart'

加算と乗算が動いている。
加算はそのまま文字列同士の結合。
乗算の場合、4*3が4+4+4と同じように、文字列も乗算で同じ数だけ結合する。

Python

6. 最後に

今回は、Python3系で変数と演算と文字列処理をやってみました。
他のプログラミング言語でもあるような基本部分ですが、Python2と3系では異なる部分もあるため、注意が必要です。

今後も勉強した内容をまとめていきます。

それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.