キリン 午後の紅茶 こだわり素材のふじ林檎ティーを飲んでみた

kirin_gogotea_fujiapple_201601

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 栃木県益子町にある大川戸ドライブインで流しそうめんを楽しんでみた
  4. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  5. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  6. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  8. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  9. ひとりカラオケからセルフサービスカラオケへ 全てセルフサービスのカラオケ店登場
  10. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
この記事の読了時間: 21

ごきげんよう

今回は、キリン 午後の紅茶 こだわり素材のふじ林檎ティーを飲んでみました。

1. 午後の紅茶 こだわり素材のふじ林檎ティーとは

キリンから販売されている「午後の紅茶 こだわり素材」シリーズの飲料です。
カフェインゼロ、カロリーゼロを達成したペットボトル入り紅茶飲料になっています。

今回は青森県産の「ふじ林檎」の果汁とディンブラ茶葉100%の紅茶を用いた飲料になっています。

以前もこのシリーズは飲んでいて、前回は愛媛産みかんと広島産レモンでしたね。

2. 実際に飲んでみた

kirin_gogotea_fujiapple_201601

開栓時に感じるりんご感。流石ふじ林檎ティーですね。
一口飲むと感じるアップルティー。

確かにりんごの感じはしますが、果汁0.5%なのでこの感じは実際にはどこから来ているのか気になりますね。

ここまで来たら、無果汁でも良いのではとも思えてきます。
カフェインゼロとカロリーゼロなので、紅茶という名のフレーバーウォーター化しているのかもしれません。

原材料名は果糖ぶどう糖液糖、りんご果汁(青森県産ふじ)、紅茶(ディンブラ100%)など。

果汁0.5%よりも少ない紅茶というのがグッと来ますね。
他はそのままアップルティーといったところ。

3. 最後に

今回は、キリン 午後の紅茶 こだわり素材のふじ林檎ティーを飲んでみました。
果汁0.5%なのにりんご感があってどこから来ているのか気になります。

紅茶飲料にカフェインゼロとカロリーゼロを求めるなら飲んでみてもよろしいかと。

それでは ごきげんよう

source:
「キリン 午後の紅茶 こだわり素材のふじ林檎ティー」11月15日(火)新発売|2016年|ニュースリリース|キリン

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>